【スバル期間工ブログ】スバル期間工の有給休暇及び満了金及び休日出勤について!有給は出勤日数にカウントされるのか?満了金に影響はあるのか?

どうも、スバル期間工を満了して地元に帰ってきた、ただのニート子供部屋おじさんです

今日の記事はスバル期間工をやってみたいと思う方について補足の記事になりますが

今回は実際にスバル期間工であったタテヤマが

スバル期間工での満了金の支給金額に大いに関係する

有給休暇及び休日出勤の扱いについて詳しく話したいと思います

ネタ抜きのガチですので是非この記事を参考にして

スバル期間工で目標を達成してくれればなと思います

では中身の方に入っていきます!

20カ月の期間工の労働で貯金額657万突破!
20カ月の期間工の労働で貯金額657万突破!

スバル期間工は非常に有給が取りやすい雰囲気である!

有名どころの期間工である

トヨタ、いすゞ、日産追浜と経験してきたタテヤマの体感上

最も有給が取りやすいと感じたのがスバル期間工です

通常、期間工は有給を取りづらい雰囲気があるのですが

スバル期間工ではそういったことを考慮しなくても

普通に自分が取りたい日に有給を取ることが出来ました!

スバルでは出勤時に、今日の自分の体調はどうですか?みたいな

その時の自分の体調状態を班長にわかるように

朝と昼と帰宅時に体調の様子を書く出勤表みたいなものがあるのですが

それとは別に、有給を取りたい人は有給を取りたい日を前もってチェックしておく紙が職場内にあります

それにあらかじめ書いておくだけで有給が取れます(自分の職場ではそうでした)

日産追浜でも同様に、壁に勤怠表みたいなものが張り出されていて

各自、自由に有給を取れるみたいな感じで

有給は非常に取りやすい雰囲気だったのですが、スバル期間工はさらにその上を行っていて

社員でも期間工でも自分が好きな時にみんな自由に有給を使っていたのが非常に好感的でした

おそらくこれ以上、有給が取りやすい会社と言ったら

入社2週間の研修期間を終えたら速攻有給10日分くれるマツダ期間工くらいしかないと思います

ちなみにタテヤマもスバル期間工で有給を使って、ブログのネタ作りにスバル大利根寮の周りを散策していました(まあ何もないんだけどw)

この点ではスバル期間工であってよかったと思える点でした

ちなみにスバル期間工では有給の買取りはないです

ですのでフル満了をする期間工の人とかは初めの半年で10日付与

そしてさらに1年後(入社1年6か月経過時)11日付与

そしてさらに1年後(入社2年6か月経過時)12日付与となり

有給は2年間は持ち越しができるためMAXで20日まで貯めることが出来ます

有給は使ってなんぼですので

仮に有給を全く使ってなかった期間工の場合は

最後の2年11か月目は一回も出勤しなくても

問題ないということが起こるらしいです

ちなみにだからと言って、有給を使って保障される給料は

あくまでも日給のみとなってしまうため

夜勤手当や時差手当、残業手当等は加算がされないため

有給を使って休むと、給料が通常出勤するより落ちてしまうため

使いどころを考えたほうが良いというのは想像に難くないでしょう

私のおススメは、直間(スバルでの残業のこと)ゼロとかで暇なときの日勤時ですかね

あとは職場の人との兼ね合いですかね…

辞めるときに一気にとるならいざ知れず

まだ普通に勤務しているときに一気にとるのは、ラインを回すための人数の調整上

他の人が有給を取れなくなってしまうため

あまりよろしくないかと思います(状況によりますが)

スバル期間工である私が体験談に基づきお話していますが

有給休暇を取るならスバルは夜勤手当がマジででかいため、遅番時はできる限り休まず

日勤時に休んだ方が、給料的なダメージは最小限に抑えられます

ちょこちょこタイミングを見計らって有給を入れて休んでいきましょう!

では次に満了金や休日出勤の扱いについて詳しく書いていきます

スバル期間工の満了金と休日出勤の扱いについて!有給が実出勤日数のカウントにどう影響するのか?

スバル期間工の満了金の金額や支給条件については皆さんご存知だろうかと思いますが

一応、知らない人のために改めて書いておきます

スバル期間工での満了金はあくまでも数か月働いたらいくら?

っていうのではなく、実労働日数で決まるのです

期間工は2時間に一度10分間の休憩がある

以下がスバル期間工の満了金となるのですが

実労働80日以上 8万

実労働100日以上 11万

実労働120日以上 18万

実労働140日以上 22万

実労働160日以上 26万

実労働180日以上 30万

実労働200日以上 34万

実労働220日以上 38万

実労働240日以上 42万

これ以上はまた初めに戻ってカウントスタートされ

トータルフル満了2年11か月をすると

求人広告にあるように42万+42万+38万で122万になるというわけです

つまり大まかに、半年働いたら実労働が120日ぐらいになるため18万

一年働いたら実労働が240日ぐらいになるため大体42万になりますよっていうのであって

大切なのは、あくまでも実労働日数なのです

つまり6か月働いて辞めたところで、途中に休んでしまい

実労働日数が実際119日しかなかった!というケースだと18万ではなく11万になるのです

これって結構大きいと思うんですよね

スバル期間工では半年目からの伸びが100日に比べて一気に7万円も伸びているため

なんとか半年は最低でも働きたいところですが

これは初回の更新をすれば自動的に達成することになります

なぜならスバル期間工での初回の更新は4か月、そしてその後は3か月単位となるため

一度でも更新すれば最低でも7か月は働くことになるのです

そして初めの4か月の計算も特殊で、タテヤマのように月初めの入社になると

実際は4か月どころか5か月近くになりますので

そのケースだと8か月働くことになります

例2月3日入社→通常だと4か月だから6月2日満了のはずだけど

スバルだと入社月はカウントされないため、満了日は6月30日になる

期間工でサクッと稼いでさっさと帰りたいと思っている人にとっては、この点は注意が必要ですね

ちなみに日産追浜も日産横浜とかも、このパターンになっています

きっかり入社日→満了日が契約単位通りだったのはトヨタといすゞでしたので

入社する会社によってはあらかじめ入職の計画を練っていかないと

場合によっては満了日が1か月弱変わってしまうことがあります

日産追浜期間工でタテヤマが半年契約にも関わらず給料日が7回あったのと

後日また最後の給料動画撮りますが

スバル期間工で給料日が8回あるのもこのためなのです!

ちなみにマツダ期間工だと初めの2週間の研修を終えれば有給が10日もらえるため

実際働くのは5か月ちょいですし、しかも最後に有給を使って辞めることが出来るため

マツダ期間工は有給休暇の点、およびきっかり半年働いて辞めるといういうことを考えると

間違いなく実労働日数的に考えると一番おいしい期間工だと思います

ちょっと話がずれましたが

これからみんなが気になるであろう

有給休暇と休日出勤がスバル期間工の満了金にどういった影響を与えるのか詳しく話していきますね

スバル期間工の有給休暇は、実労働日数にはカウントされない件について

残念ですが、有給休暇は実労働日数にはカウントされません

でも休日出勤については実労働日数にカウントされます!

たとえ、休日出勤が昼で終わって実働4時間とかであったとしても

出勤日数的には1日とカウントされるので安心してください

よく勘違いされる方がいらっしゃいますが

0.5日扱いとはカウントされません、しっかりと1日とカウントされます!

 

でもそれゆえ、仮に休日出勤等があまりにもない部署に配属になると

思わぬ罠がある場合があるので注意が必要です

なぜなら、例えば入社して有給が発生して12か月契約の場合

あまりにも有給を使いまくっていたりズル休みとかしていると

実労働日数が240日に足らなくなってしまい

1年働いているにも関わらず満了金が42万ではなく38万になってしまったりしてしまうため

有給も使いやすいのは良いですが、しっかりと自分がどれぐらい働いているか?

と言うことを認識した上で有給を使った方が良いか?

はたまた普通に出勤した方が良いか、計画を練っていかないと

最終的に数万円損をしてしまうパターンがあるということです

まあこんなことは普通に真面目に仕事をやっていれば

気にするようなことでもなんでもないことなのですが

スバルは仮にズル休みをしまくっても、満了金があくまでも実労働日数で決まるという仕組みであるため

仮に休みまくったと仮定しても、影響があるのはその月の皆勤手当て3万円がなくなるだけですので

通常の期間工によくある満了金や手当の支給条件を満たすために

絶対に出勤しなくてはならないという期間工特有の手当の縛りが非常に緩いですので

事実ズル休みをする期間工が結構いたりします

底辺期間工ごときの給料すら超えられない底辺薄給正社員

日野とかトヨタとか通常の期間工だと、自分が休んでしまうとダイレクトに自分の給料に影響が出ます

実際、突発休みをしてしまうと、超満了金に大きく影響があるため

日野とかトヨタとかだと有給が発生するまで可能な限り休めないのに対し

スバルはその点で条件が非常に緩いのです

故に気持ちの面で緊張の糸が緩みがちになるため注意が必要です



スバル期間工の休日出勤は満了金等の労働日数に関して回復効果がある!

有給は実労働日数にカウントはされないと言いましたが

休日出勤は実労働日数にカウントされると書きましたね

これが実はスバルの満了金では結構重要な点であり

つまりこれを利用すれば、スバル期間工では通常の部署でさえあればほぼ毎月1日~2日は確実に

休日出勤があるため、平日に有給を使っても休日出勤を出れば、全く手当に影響がないのです

スバルは期間工業界では残業が多めなメーカーですので基本的には休日出勤があります

期間工の休日出勤は出るのだるいが、基本的には出たほうが良い
期間工の休日出勤は出るのだるいが、基本的には出たほうが良い

 

ですので、その休日出勤を出ることによって、有給がない時も

仮に仕方なく通常出勤の日を欠勤してしまったとしても

休日出勤分で補填することにより、通常出勤の欠勤を補ってくれるため

皆勤手当ての月3万に影響がないというメリットもあります

ですので、通常疲れた体で休日出勤はできる限りしたくないという期間工の気持ちは非常にわかるのですが、スバル期間工の休日出勤に関しては、通常の皆勤手当ての3万の補填の意味さらには満了金の実労働日数の補填の意味で、メリットが非常に大きいため基本的には出たほうが良いと断言できます

まとめ!スバル期間工の有給休暇及び満了金及び休日出勤についての所見

  1. 期間工業界でも相当有給休暇が取りやすい雰囲気である
  2. スバル期間工の満了金はあくまでも契約月ごとではなく実労働日数が大切、特に20日ごとに満了金が上がるため、注意が必要!たった一日足りなくてマジで4万とか変わってくるから気をつけろ!
  3. 有給休暇は実労働日数にはカウントされないから気をつけろ!
  4. 休日出勤は実労働日数にカウントされるだけではなく、通常の欠勤の補填の意味もあり皆勤手当ての応急処置となる

その為、有給の使用は計画的に取るべし!

まとめるとこんな感じですね

その他にもあくまでも私の体感になりますが

期間工と社員さんの壁が体感的に最も近い感じがしたのがスバル期間工ですので

期間工の中では、かなり働きやすい環境ではないかと思いました

またスバルは正社員登用に関しても非常に期間工の中では力を入れておりますので

スバル期間工の正社員登用試験について詳しく話す!

群馬の田舎であるとこ、そして日勤時の直間1.5の場合

バスの帰りがあまりにも時間がかかりすぎるのを除けば

タテヤマのたった2か月で90万以上貯金した祝い金ブーストと言い

↑実際に私がスバル期間工たった2か月で94万貯金した動画、マジで金貯まりますよ↑

通常の給料面のバランスと働きやすさ等を考えたら、かなりおススメ期間工の一つではないかと思います

是非この記事を参考にして快適な期間工ライフを送ってくださいね、それじゃ!

↓記事がいいねと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです!励みになりますので!↓

期間工ランキング

↑タテヤマのように期間工の糞労働21カ月で700万貯金したい方はこちらから↑

寮費光熱費無料!満了金300万以上のところや入るだけで40万円もらえるため

もうそこらのアルバイト(笑)とかやってる人はアホです