【スバル期間工ブログ!】スバル期間工4日目の流れを解説するぜ!退職してぇ!!やはり最初の1か月の壁が襲い掛かる!バックレてぇ!

スバル期間工4日目の流れを解説するぜ!退職してぇ!!

どうも期間工祝い金もらってさっさとバックレかましたいタテヤマです

スバル期間工初心者のための流れとして

赴任日、赴任日から1日目、2日目、3日目そして今回の4日目と赤裸々に書いてきましたが

本日の4日目でとりあえずスバル期間工導入編は完結としておきます

大まかな流れを見たい人は以下の記事を参照にしてください!

これらを見ればスバル期間工の初期の流れは完全に網羅できるかと思います

スバル期間工赴任日の流れ!太田グランドホテル!

スバル期間工1日目健康診断!

スバル期間工2日目配属及び寮が決定!

スバル期間工3日目工程決定!習熟開始!

おまけ!スバル期間工に行くなら車を持ち込もう!

スバル期間工の面接の流れについて詳しく解説いたします!

なぜかというと、期間工と言うのは、最後の最後は自分との戦いになり、配属と工程が決まってからは、ここから先はすべて自己責任となるからです

ご自身で自分が配属された工程が続けられるのかどうか?

作業をやってみて自分の体がどういう状態なのか?

配属された部署の人間関係がどうとか

なんとか自分の目標を達成することが出来そうなのか?

はたまた体が全ての資本である以上、どうしても無理な様なら勇気ある撤退か…

ここから先はすべて個人個人での問題になるため、もはやこれ以上私からアドバイスすることはありません

ですので本日でスバル期間工初心者シリーズを終えますが

最後にこの記事でスバル期間工4日目の私の当時の思いを洗いざらい本音で話しておきますので参考にしていただければなと思います

立っているだけの時はひたすら自身の工程を見てイメージトレーニングをする

この段階では、当たり前ですができなくて当然です

というか、まだ作業すらさせてもらえないと思いますので

ひたすら自分の工程を見ることになります

見てイメージを膨らませて、自分もそのイメージ通りに動けるようになるようにひたすら前任者の動きをトレースするのです(fateで言えば、アーチャーの動きをトレースする衛宮士郎の気分です)

配属される工程により、それぞれですが

大体単純な工程でしたらマジで1日もあれば、やる作業自体は大まかにですが何となく覚えると思います

難しい工程でしたら単純な作業の動作を覚えるだけで1か月以上とかかかってしまう場合もありますが、そこは上司の方もさすがにわかっていますので、とにかく自分ができる限りのことをして仕事を頑張って覚えるという姿勢で向きあうことが大切です

私がスバル期間工で担当した工程はまだ運がよかったのか、非常にイメージがしやすい工程でして

動作自体は非常に単純な方で作業自体は1週間程度もあればやることはすべて把握できましたが

比較的簡単な工程であったとしても配属してからしばらくは永遠と立ち、時々作業をするぐらいな程度でした

この記事を書いている4日目も当然作業自体すらやらせてはもらえずほぼ一日中立っているだけでした

立っているだけで作業をしないのだから、さぞ楽だろうと思う方もいらっしゃるかと思いますが、やってみればわかると思いますが、立ってじっと作業を見ているだけというのも、かえって非常にきついのです(主に背中と足が)

むしろ多少動いていた方が、楽なぐらいです

ましては自分の場合は前回の期間工を満了してからというもの8か月以上ニートしていたため、ただ立っているだけでも脚と背中が痛くなり、かなりきつかったです

いくら工場経験があっても、さすがに8か月もニートしていたら体力が落ちるというのを実感しましたね…

もうそこらの工場未経験者の方となんら何も変わらない、ただのニートでした!

しばらくはまたこのずっと立ちっぱなしの作業になれ、足の痛みを気にしなくなるまで慣れるしかありません

この日は、ほぼ97%ほどじっと立って作業を見ているだけで、ラインにとりあえず入り作業をしたのは残業時間の最後のラインが止まる寸前の超遅いラインスピード時の5分ぐらいでした

この日のラインの締め作業に入るときラインの速度が極端に遅くなる時に最後簡単なことですがやらせてもらいましたが

やる作業自体は単純でしたので頭ではわかってはいるのですが

見る分には簡単だと思っていた動作や

プロパー(正社員)の方が簡単に組み付けていた部品が

意外と見た目よりも全然重かったり、またなかなか規格ギリギリであって

ワークにうまくセットできなかったりして

全く持って現時点ではラインに間に合いませんでした

というか傷つけまくりのぶつけまくりで迷惑かけまくりです!

ミスするとラインキーマンの人が飛んできてくれて

焦ることないから今は確実にやることを心がけましょうと励ましてくれました!

ちなみにこの人マジでいい人でした!

でも実際は頭では理解はできているのですが、肝心の体が頭が描く動作に全く追いつかないのです

ここからしばらくはひたすら練習が必要になります、それこそ無意識レベルに何も考えなくても作業をこなせるレベルまでです

通常は大体2週間ちょっとでもやれば、徐々にラインのスピードになれてくるはずなのですが

結果的には問題なくなるのですが

それでもこの作業をしている、まさにこの時点ではとてもそうは思えず

本音を言えば期間工ベテランの私でも不安でした

この時期は誰でも同じかと思いますが、ひたすら辛抱になります

何度も言うが、初めの一か月が最も人が辞めてしまう時期

このブログでは何度も言っていますが、自分自身がまた期間工をやってみるとつくづく思います、この時期が最もツラいと!

作業になれない、全くラインに追いつけない

不具合を出してしまいラインを止めてしまう

その為にプロパーや他の期間工からため息、音速のごとく飛んでくるラインキーマン

自分にはやはりできないのではないか?

みんなに使えない奴だと思われているのではないか?

体中痛い、背中も足も痛いし筋肉痛だ…

地元に帰りたいと

この時期が期間工で最もきつい時期ですが

ここを乗り越えられれば、まず最初の契約期間は満期までいることが出来るでしょう

事実何度も期間工をやっている私でも、この時期はきついのです

ベテラン期間工とか初心者とは一切関係ありません、だれでも初めて担当する工程は何もわからないため、みんなきついのです!

でもここを乗り越えられれば、後は一気に楽になることがわかっているから、何とか頑張って踏ん張るしかないのです

逆に考えれば、ここさえ乗り越えられれば後は全く違うことを考えながらも、体さえ動かしていれば、お金が勝手にもらえるのですから、とにかくまずは自分の工程を完ぺきにできるようにとにかく前任者の動きをトレースし、その都度自分なりのやり方を見つけてアレンジして自分流を作っていくしかないのです

なれない作業や動きをするものですから、背中も足も当然すべて筋肉痛ですが、やれば絶対に作業はなれます、人間の学習能力をなめてはいけません!

この体中痛いのもマジで初めだけです、体が自動的に作業に使うべき筋肉を適応させてくれます

とにかく自分は過去の期間工経験からそれを理解しているから、ただひたすら頑張りました

周りの人とのコミュニケーションを大切に!

教えてくれるプロパーや自分のチームの雰囲気次第ですが

入って最初の時期は、周りの人がどういった性格なのかまるでわかりません

その為こちらとしてもどうしても構えて入ってしまいますし、教えてくれる人も様子見みたいな感じで来ます

でもこれだけは忘れてはならないのは

相手も人間ですので仕事を適当にやっている人よりも

頑張って仕事をやろうと思っている人の方に

一生懸命仕事を教えたいと思うはずです

ですのでとにかく、仮に初めのうちは作業ができなくても周りの雰囲気をよくするために

コミュニケーションをできる限り多くとるということをおススメいたします

最悪、仕事の出来が多少悪くてラインを遅らせてしまうことがあっても

周りとしっかりとコミュニケーションが取れているなら、多少のミスは全く問題なくなります

これは本当のことです

もちろん、仕事ができることが一番であり、自分の仕事を完ぺきにこなすことが出来るなら

期間工はコミュニケーションなんて取らなくても正直大丈夫な点はあるのですが

やっぱり仕事ができなくて覚える段階だったり、仮に仕事ができるようになっても周りとしっかりとコミュニケーションが取れている方が、純粋に働いていて楽しいですし、そちらの方が圧倒的に満期まで勤め上げる可能性が高くなりますので

チームの雰囲気次第にはなりますが、ご自身が可能でしたらコミュニケーションをできるだけ取った方が、自分も相手も気持ちよく仕事ができるでしょう!

1週間もやれば、完全にチームの様子や担当する工程がハズレな工程なのか完璧にわかる!

入って間もない時は、右も左もわからないと思いますが

実際作業をして1週間もすれば、自分が今後さらにスピードを上げて作業ができるのか?

自分のMAXスピードを使っても、そもそも間に合わないのか?

当たり工程なのか、ハズレ工程なのか?

また作業自体はできるけど、周りとどうしても人間的に会わないとかいろいろな細かいことがある程度わかってくると思います

その上でご自身で決断をして、続けるなり辞めるなりするのがこの時期でもあります

ハズレ工程だと確実にわかった場合の期間工の気持ち
ハズレ工程だと確実にわかった場合の期間工の気持ち

 

私からアドバイスをするなら、どうしても無理なら撤退するのも勇気だと思います

正直1か月も耐えきれれば、おそらく最初の満期まではいることが出来るかと思いますが

人間最後にものをいうのは気持ちですので

嫌な気持ちで作業をすることは思っている以上にきついです

たとえ無理をすれば続けられると言っても

人間は機械やものではなく、感情があるのですから

どうしても無理なようだと自分で思っていて

工程を無理に頑張ることにより後の自分の体に後遺症を抱えて生活に尾を引くぐらいでしたら

さっさと辞めて逃げるという手も大いにありです

自分が無理だと確信できるなら、すぐに班長に言えば辞めさせてもらうなり

話の分かる班長なら工程を変えてもらえるなり、いろいろと対処をやってくれるかと思います

それでどうしても駄目なら辞めればよいのです、変わりはいくらでもいますから安心して胸張って辞めればいいのです!次のところで頑張りましょう!

 

わかってほしいのは、辞めることはダメ人間でもなんでもないということ

これは否定する方が多くいらっしゃるかと思いますが

私の考えでは特に期間工においては辞めることは全くダメ人間でもなんでもないと思っています

期間工はあくまでも雇用の調整弁であって、自分の目的を達成したり

どうしても駄目なら、遠慮することなく辞めればよいと思っています

会社が駒としてこちらを利用しているのだから、こっちも利用してやればよいのです

責任感の強い人が多いため、どうしても逃げるということになると

負け組とか根性なしとか考えてしまい、無理して続ける方がいらっしゃいますが

体は一つしかない以上、体が資本となり、自分の中で最も大切なものなのです

期間工は大量に他社がありますが、自分の体はそのたった1つしかないですので

駄目なら、すぐに他社に移ればよいと私は思っています

その期間工だけが全てではないですので、無理だと思ったら撤退する勇気は必要だと思うのです

辞めると言い出すのは正直気持ち的に結構キツイと思いますが、勇気を出すのはほんの一瞬です!

その一瞬を耐えて「辞めます!」と言ってしまえば一気に精神的には楽になります

いくら根性なしと思われようと班長も多くのすぐに辞める人を何人も何人も見てきているので余裕で問題なく辞めれるはずです

辞めた後ですが、辞めた人間であるあなたのことなど

誰ももう話してませんので、辞めたいなら秒で辞めましょう、マジで一気に楽になりますよ!

期間工としても最もやってはいけないことはバックレです!

最もやってはいけないことはバックレることです

時々言い出せなくて、バックレる方が結構いますが

むしろバックレずに辞めると言ってくれる方が、班長連中としても大いに助かるので、遠慮なく言って、堂々と辞めて次頑張ればよいのです

バックレたら、保険関係とか班長とか部署の方が超だるいことになりますし

また年金手帳とか回収する作業が発生する可能性があるため、最悪もう一度班長に会わないといけないとかの二度手間が発生する可能性もありますし、超気まずいしだるいと思うためバックレは双方にとっていいことなど何一つありません!

自分が続けられないと思うなら、勇気を出して一言言えばそれだけで辞められますので、最後にひと頑張りして気持ちよく辞めてやりましょう

期間工の辞めたい思いが錯綜する最初の一か月間!

とまあ、いろいろと思うことを書いてみたわけですが

最初のうちは慣れない環境や工程や人間関係で

ハズレガチャを引いてしまったら人によって考えることがたくさん出てくると思います

最も退職する人が多いのも間違いなくこの最初の時期ですので

決断するなら早めに、そして頑張れるようなら頑張って各々の目標に頑張ってください

私自身何度も期間工をやっていますが何回も言いますが、この最初の1か月が全てです

私だってこの時はきついのです、はっきり言って体中痛いから辞めたいと思いますが

これを乗り切れば楽になるのをわかっているから、なんとかしがみついて頑張るのです

今回はスバル期間工4日目に率直に私が思っていたことをそのまま素直に書かせていただきました

スバル期間工を例で話してますがスバル期間工だけではなく、他社含めて初めて期間工に来た人や、これから期間工になる人はほぼ共通に絶対に通る道ですので

ぜひこの記事を参考にして、配属初期の期間工がどういった感じになるのか参考にして、期間工生活を頑張ってくださいね!それでは!

記事がいいねと思ったらポチッとしてくれると嬉しいです!励みになりますので!

期間工ランキング

 

期間工なら寮費光熱費無料ですので、ガチでとんでもないペースで貯金が増えていきます

私も事実スバル期間工7か月で216万円貯金を増やしましたのでガチで貯金の増えるペースが異次元です!