【スバル期間工ブログ】トリムだけは避けたい!運命のスバル期間工2日目の流れ!配属決定、寮が決定!

スバル期間工2日目の流れについて!

どうもタテヤマです

スバル期間工に関する続きものとなりますが

本日の記事では、スバル期間工になって2日目の話をしていきたいと思います

前回の記事はこちらから(スバル期間工初日の健康診断の流れ)

前々回の記事はこちらから(スバル期間工赴任当日の太田グランドホテルに関する話)

本日は朝は前日と同じく7時30分ごろまでに本工場の初日と同じ会議室に集合してくださいとのことで、余裕をもって7時10分ぐらいにつくように太田グランドホテルを出発いたしました

本日の帰りには、ホテルから荷物をすべて持って出ていかないといけないため

前日の段階で荷造りを終えて、ゴミは分別して部屋の片隅に置いておきました(この日の夕方にまたホテルには帰ってきますが、自分の場合は夕方帰ってきたらゴミは自動的にホテルの方に、かたずけていただいていました、ありがたい!)

スバル本工場につき、会議室に行きますと、すぐに自分が配属される工場と自分が配属されるほにゃらら課であるということと、自分が配属される寮のことを教えられます

そして‥‥

安全靴1足と作業上着1着とズボン1着と帽子か作業着につけるバッチをもらって(ちなみにバッチに配属工場と配属寮がばっちり書いてあります)

8時の準備体操が終わり次第、研修のため

速攻すぐにそれぞれの工場に分かれることになります

なぜかというと、配属される部署ごとにより

工場自体も変わってしまうため

ここで赴任日~初日まで一緒だった人の3分の2以上はもう二度と会うことはなくなります

言うまでもないですが、期間工に来ている以上、金が全てだと思いますので

金が命より重いということに気がつかない限り一生底辺から抜け出せない

決して友達を作りに来ているわけですので自覚はしているかと思いますが

時々マジで勘違いしている人がいますので、改めてアドバイスの意味で言っておきますが

仮にもし友達作りをするのなら、せめてもう少し待った後の同じ工場である人を確認できた2日目の帰りぐらいから始めたほうが良いです(それでもいらねーけどw)

こういった傾向は20代前半の若い方に多いですが

はっきり言いまして

この時点で友達を作りたいとか思ってもすべて無駄ですし、変に目立っては何ですので、おとなしく静かにして、できる限り楽な工程に行けるようにマリア様に祈りましょう!

ちなみに私は友達とかマジで本当にどーでもいいです、そんなことより自分が生き残ることが最優先です

むしろ安易に話しかけてくる期間工が多すぎてむかついているぐらいです

めっちゃ自分が話しかけてくんなオーラを出しているのに、気軽に話しかけてくる奴が多すぎてマジで困りました

さらにはちょっと話しただけなのに、ライン交換しましょうとか抜かしてくる20歳の奴がいて、マジで殺意湧きましたw

仮に同じ工場だとしても、ここからさらに無限に部署が分かれたり、勤務時間の直すらすべてランダムになるため、同期だとしてもぶっちゃけもはや完全に他人です

こういったことを理解してないアホがあまりにも多すぎるのです

それに基本的に期間工ごときと仲良くしても貯金額は増えません、むしろ無駄な付き合いが発生し散財してしまう可能性が増えますので

私は期間工に来ている以上、私自身は安易に友達は絶対に作らない方がいいと断言しておきます

期間工に友達などいらん!エア友達で十分
期間工に友達などいらん!エア友達で十分!

 

同じ部署の社員や期間工ならともかく、このように配属前の同期は基本的にすべてシカトでオールOKです!マジで無駄以外の何物でもないです

とまあwどーでもいい友達(笑)のことは置いておきまして

ちなみにスバル期間工が配属されることになる工場は3つに分かれておりまして

それぞれ本工場・矢島工場・大泉工場となっています

それぞれの工場の特徴をものすごい簡単に言えば

本工場と矢島工場が車のボディとかの製造系

大泉工場が車ではなく、エンジンやトランスミッション系の組み立てと加工になります

2ちゃんとかネットの話をまとめると

矢島工場のトリム系が最もきつく、それに比べれば本工場と大泉工場の仕事は

まだマシであるらしいです

ちなみにトリムとは簡単に言えば組み立てのことなのですが

ここでのトリムは普通のエンジンとかの組み立てではなく

車体の中に直接自分の体を入れて組み立てる組み立てのことになります

車の中に入って作業をすることになりますので

無理な姿勢や体勢での作業になったりしますので

めちゃくちゃキツイと言われています

私が今までの期間工をすべて満了できていたのも

配属ガチャがなんだかんだ結構自分に合った良いのを引いているということもありますが

このトリムに一回も当たったことがないというのが大きいかと思います

今までスバル期間工に行ったことがない、私にとって

この時点でわかる情報は他の人の期間工ブログと2ちゃんの情報が全てであり

ネットの噂により、あらかじめ矢島工場のトリムが大外れである可能性が高いということだけは知っていたので

なんとかそれ以外になることを祈っていました

結果はなんとか矢島工場を回避することが出来て

自分の配属は大泉工場となりました

この時点ではまずは最悪の事態を避けることが出来てホッとしたのを覚えています

のちにトリムを回避することが出来たのも関わらず

1か月弱、地獄を味わうことになることはまだこの時点では知りもしませんでした‥‥

期間工の工程に慣れるまで
期間工の工程に慣れるまで

ちなみに期間工は入って1か月はマジで地獄になります、これがその当時の様子を赤裸々に描いた記事です、私がスバル期間工に入って1か月の時のリアルの私の様子です、非常に挫折する人が多い期間工最初の1か月目を乗り切るのに、この記事は超参考になるかと思います

・ラジオ体操が終わると自分が配属される工場にバスで移動します

自分の時は、矢島工場と大泉工場がほとんどで本工場に配属されたのは2名ぐらいでした

それぞれの工場の年齢層ですが、振り分けられた人たちの年齢はカオスでした

特に変に偏った様子はなかったと思います

同期入社の期間工は私の時は30人弱程度いたのですが、一番下が19歳の子で一番上は49歳でした

年齢が高いから大泉工場や本工場で

年齢が若いから矢島工場であるとか

そういった決まりごとはなさそうに見受けられました

配属が決まる前は

正直、この時の私の同期は30代以上の方がかなり多く

20代の私は、もしかしたら矢島工場かもしれないな‥‥って覚悟をしていましたが

大泉工場であるということが分かった時、静かにガッツポーズをいたしました

若いうちに負けることを覚えておけば、年取った時に大きな失敗をすることがなくなる!

会議室から出て、外に行きますと

自分の行き先の工場ごとにバスが手配されていますので

それに乗り込み、自動的に各工場に強制ドナドナされます

ドナドナされる期間工たち
ドナドナされる期間工たち

 

そして工場につき、広大な工場の敷地内をそれぞれの部署ごとに

数名ずつ順番に移動しながらおろされていきます

自分の部署の名前を言われて、バスから降りますと

私の安全教育担当の方がすでにその場に立っておりまして

これから安全教育を受けるためにその人についていきます

ちなみに私のおろされた、ほにゃらら課では4名おろされまして

当時27歳の私はその中で最年少でした

・ほぼ話を聞いているだけで終わるスバル期間工2日目

この日の、最後の最後に(大体16時ぐらいに)配属される部署に連れてかれるのですが

それを除けば、この日も一日中ほぼ話を聞いているだけで終わります

主な内容は、スバル車の主な出荷先がどことか

5Sの徹底とか、安全唱和とか、品質確認とか

そういった工場で働くにおいて、ごく基本的なことを研修で受けます

ちなみに派遣の人も一緒に受けます

期間工と派遣と関係なく一緒に研修を受けます

ひたすら話を聞いて、最後の1時間ぐらいになったら、職場に連れてかれて

いよいよ自分がお世話になる班長やチームリーダーとご対面になります

次の日の最初に各配属先の部署ごとの受け入れ教育をやるのですが、この日は基本的に顔合わせのみで

すぐに終わり、自分がどの工程をやるか?まではこの時点ではわからないです

工程がわかるのは、翌日なのですが

まだチーム内で受け入れ教育を行っていないため

工程自体はわかるのですが、ひたすら見てるだけか、もしくは途中で書き物を永遠と書くことになります

それよりも、この日の夕方に入寮手続きをしないといけないため

まずホテルに帰って荷物を太田グランドホテルに取りに戻らないといけません!

挨拶もそこそこに速攻バス乗り場に向かうため職場を後にすることになります

大泉工場の食堂近辺に

スバル側から太田グランドホテル行きのバスが手配されていますので

そこに乗り込み、太田グランドホテルに向かい

太田グランドホテルについて、各自の荷物を取りますと

そこから各寮に向かってまたバスが手配されていますので

自分の入ることになる寮ごとにバスに乗り込み

寮に着いて

入寮手続きを行って、ここまでやってようやく入寮完了となるのです

この日は、初めての部署の顔合わせ、そして初めての入寮とてんやわんやになると

思いますので、全く余裕はないと思います

私の場合、寮に到着した時点ですでに19時を回っていたためマジで余裕なんてありませんでした

速攻、飯と風呂を済ませ、翌日の自分が配属されたチームごとの勤怠に合わせて

すぐに合流ができるように

配属されるチームが朝勤務の場合は6時30分までに‥‥

遅番の方は直間というスバル特有の残業がない方は

15時15分までに行くとか

夜勤の方は何時とか、指示に従い、各々各自で対応していくのです

ちなみに自分が配属された寮は大利根寮と言う寮で

寮自体の設備は、まずまずなのですが

周りの周辺環境が今までやった期間工の中では、何もなさが過去最低でした

周辺にはリアルに工場しかなくて正直困りました

徒歩15分も歩けばスーパーはあるのですが、来たばかりの時点ではそんなことをいちいち調べている余裕はありませんでしたので、適当に何か買える場所はないかと探しました

寮のおじさんの話だと

近所にセブンイレブンがあるという話でしたので、まずはそこを探してパン2個を買って部屋で食べました

ちなみにここのセブンイレブンは大利根寮配属のスバル期間工なら絶対に行くことになる場所だと思います

私が給料日に残高照会の動画を撮っていましたが、そこでもお世話になったセブンイレブンです

店長らしき人の挨拶が非常に特徴のあるセブンイレブンです、大利根寮配属の期間工なら絶対にわかることでしょうw

アーラーラッシャィマセ‐ィ(ここの店長の謎の挨拶)

セブンで買ったパンを食った後、この日は疲労困憊により、何もする気が起きず、速攻寝ました

次の日、自分は早番だったため、5時に起床し

準備をして、バスに乗って大泉工場に向かいました

ちなみに、この記事を書いている時点では

大利根寮から大泉工場、または矢島工場までのバスは時刻表を見ると

出勤時間に合わせて1本しかなく(実際は早番出勤時には大泉工場行きは2本、同じく早番出勤時矢島工場行きは1本あります)

つまり、寝坊でもして朝に出ているバスに仮に乗り遅れたら

タクシーを使ったりしない限り遅刻確定となるので

日産追浜時代と比べたら、超不便で

スバルに来たことをものすごく後悔いたしました(大利根寮から工場までかなり距離がある)

日産追浜の期間工史上最高の寮とは?

安易に入社祝い金45万につられてスバルに来た自分に猛省したのを覚えています

自分自身過去記事で、期間工でもっとも大切に思っていることが通勤時間である!

と力説していたにも関わらず通勤時間でちょっと失敗してしまったなぁ~と萎えました…

まあさすがに、これはスバル期間工に入る前にあらかじめ自分が大利根寮に配属するなんてことはわかるわけないし

スバル期間工に来て、初めて分かったことですので、しょうがないと思いつつも

結構実際後悔している自分がいました

まあこれもすぐに結果的に慣れるんですけどねw

とまあ、スバル期間工2日目の感想記事を書かせていただきました

翌日はついに工程がわかります、お楽しみに!

マジで楽な工程を頼む!と

ひたすら祈っていたタテヤマの運命はいかに?

ではスバル期間工3日目に続きます


期間工ランキング
↑ブログランキング初めました!ポチっとしてくれるとめっちゃモチベーションが上がるのでよろしくお願いいたします!