真夏に期間工に行くのはマジでやめておけ!下手したらガチで死ぬぜ!その理由を猿でもわかるように話す

どうも現在奴隷作業中のタテヤマです

最近期間工界隈ではネタがマジで皆無で記事更新すらできなくて困っているため

今日はネタではなくリアルに超簡単な記事ですが

現在期間工で働いている私が思うことを純粋に書いていきたいと思います

おそらく現在すべての工場で奴隷作業をしに行っている

期間工が全く私と同じ考えだと思いますがねwww

全財産失って自殺しようとするニート

工場内がマジでリアルにサウナな件について!

今年は梅雨明けに時間がかかり、そしてそれが今週全国的に一気に明けたわけですが

今マジで工場内は地獄と化していますw

外での体感温度は大体一番暑くても現状35度前後かと思いますが

工場内はそれを余裕で凌駕しています

煽り抜きにリアルに工場内は熱帯雨林と化していますw

挫折と悲しみを知っている期間工

誇張なく、むしろアマゾンとかの熱帯雨林の方がまだ快適なんじゃねえか?と思うぐらいやばい暑さです

ちなみに工場内は日が当たらないから、外での作業者とは違いマシだと思う方はいらっしゃるかと思いますがこれは大きな勘違いです

外での作業と違い、工場内は風がないため熱気が全く逃げていかないのです

外では夕方になれば多少は暑さが緩和されるでしょうが、工場内は夕方になっても

昼間の熱気がムンムンしていて、体感的温度はほとんど変わりません、マジで不快以外の何物でもないです

熱気が若干マシになってくるのは、それこそ夜の22時ぐらいになってからで、それでも全然暑いです

そして基本的に稼働日である以上、休みなく工場は永遠と稼働するので、熱気が逃げていく暇がないのに加え、機械等の温度の上昇により工場内の温度はほとんど下がることがないのです

期間工の仕事をしながら勉強をすることはマジで生半可なことではない、疲れすぎて相当に厳しい

基本的に私の今やっている期間工では残業がかなり制限されているとは言え

私の所属している工場は月曜日から金曜日まで現在休みなくフル稼働をしています

一部3交代の職場もあるため、月曜日から金曜日までは工場内は一切休むことがないのです

工場自体が休みである日曜日をはさんで、作業を開始する月曜日の早朝のみは、機械の立ち上げから入るため工場内も多少マシなのですが

作業が始まり、機械の加工や人間が行動する熱気等により

工場内の温度は一気に上昇します

そして工場内はご存知超広くて超膨大ですので

空調がマジで意味ありません

確かに全体を冷やすことなど到底無理なのですが、それにしても本当にこの夏の工場の地獄は

なんとかならないのかと期間工で夏を迎えるたびに思います

あと20年もすれば期間工自体も夏でも快適に作業ができるようになっているのかな?

まあ多分なってないでしょうね‥‥

マジで油断したら普通に熱中症のリスクもギャグではなく余裕であり得ます

お金を貯めるには無理をするしかない

各自水分補給を徹底しないと、普通に作業中にふらつくことも多々あるぐらいキツイ環境です

事実、工場内では救急車が完備されていますので、会社もとっくに想定済みなのです

休憩室とかそういった隔離されている場所はエアコン等で冷やすことが可能なのですが

作業場はマジで修羅場です

工程ごとにスポットクーラーや扇風機も確かにあるのですが

マジで意味ないですw

ずっとその場から動かないで、当たっていられるなら話は別ですが

基本的に作業中は常に体を動かさなくてはならず、その場にとどまることが出来ないし

スポットクーラーはともかく、扇風機などは周りの40度の熱風をただ回しているだけですので

全く快適でもなんでもありません

正直なところ、現在残業が全くない状況で来月の給料も手取りで20万下手したらそれ以下が確定している以上、最近全く稼げないのですが

私自身はこの状況にぶっちゃけ助かっていますw

むしろ残業がなくてうれしいぐらいです

今月での現状の私の貯金額が636万だったから来月はなんとか転売やネット収入等を駆使して

意地でも660万を達成してやろうと内心思っていましたが

もう暑すぎてどうでもいいですw

多分来月655万ぐらいですw

夏は金云々ではなく、早く仕事自体が終われとw

さっさと仕事終えてクーラー効いた部屋でごろ寝したいのです(切実)

そのぐらい夏の工場内は地獄なのです

生半可な気持ちで来るべきではありません

マジ暑すぎますからw

来る人はすでに覚悟していると思いますが、さらに覚悟しておいてください

一年で一番期間工になるのがツラい時期は間違いなく夏である!

期間工になると、初めはその工程が全くできないゴミカスですので

まず先輩の作業をしばらく見て、しばらく経つと

実際にやってみて少しづつ作業を覚えていき、一人前になって習熟して、自分で工程を回していくというのが大まかな一連の流れになるのですが

夏に期間工に入ると、この作業を覚えるという工程の他に

地獄の暑さを耐えなくてはならないという苦行も無駄に加わるため

私は期間工やりたいと思っている人には、マジで夏に期間工に行くことはおススメいたしません

ベテラン期間工は過去の経験から夏に期間工をやるというのがキツイと言うことが十分わかっているため

あえて夏の時期は避けて、秋に期間工に行ったり

また満了日をあえて6月終わりとか7月中旬に来るように調整して真夏を避けるように期間工に来るような人もいるぐらい

夏の期間工は地獄と言うのは暗黙の了解だったりします

どうしても金がないとか、借金等の支払いが迫っていて、これを払わないと人生自体がやばいとか

そのぐらい追い詰められている人ならともかく

それ以外の人なら、悪いことは言いませんから

9月終わりの残暑明け、ないしは10月ぐらいまで期間工に行くこと自体を待った方が無難です

夏の工場の暑さをなめてる期間工はこうなる
夏の工場の暑さをなめてる期間工はこうなる

 

期間工やりまくっている私が言うのです

悪いことは言いません、追い詰められてない限り少し待ちましょう

よく考えてください!

頑張っても頑張らなくても給料は全く同じで、初めだるい習熟作業をして、いずれは自分一人で工程を回さなくてはならなくなるんですよ

それならあえて熱帯雨林の環境に飛び込むのではなく、まだ普通の環境の方がいいじゃないですかw

私はそう思うのですが、皆さんはどうでしょうかね?

まあそういっても、毎週毎週期間工自体は派遣問わず少しづついまだに入ってきているんですがね

私に言わせれば、なぜ今なんだ?と思わざるを得ません

私は本心から言っています、夏に期間工行くのはやめておけと!

それでも夏に期間工に行くからには自分で責任を持っていってくださいね

真夏の期間工、暑すぎて辞めてしまう可能性が高まる
真夏の期間工、暑すぎて辞めてしまう可能性が高まる

タテヤマが考える、半年間期間工に行って一気に150万貯金して速攻帰ってくるプランの場合、期間工に行くのに最もおススメの時期!

仕事を習熟する時期は絶対に気温が低めな時期がいいです

作業開始前は多少寒いことがありますが、そんなことは仕事をし始めて5分もすれば

むしろちょうどよくなってくるため関係なくなります

わかってほしいのは、12月とかに作業をしていたとして、作業中仮に暑くなったとします

寒い状態から作業等をして暑い状態になった時、一時的に上着を脱いでシャツだけになったりすることによりある程度調整が出来ますが、夏の場合は、こういったことの逆は出来ないということなのです

暑い状態から涼しい快適な状態には夏の間に自分で調整することは絶対にできないのです

なぜなら夏はどこをどうやっても暑いからwそこらの空気すら熱風だからw

冬のように、仮に自分が暑くなったとしても、工場内の気温が低ければ速攻冷やされますが

夏は自分が暑くても、工場内もさらに暑いため、どうやっても冷やすことが出来ないのです

以上のことから、私は期間工に来て作業を習熟し始めるベストはぶっちゃけ11月だと私は思っています

それが最も快適だと思うからです

そして11月頭から期間工行って半年頑張れば4月末のGWにはおさらばできます

11月頭だと多少気温も低くなり、ぶっちゃけ一年で最も快適な時期に習熟を開始することが出来ます

あまりにも寒いと、朝起きたときに指が動かなかったりすることもありますが

11月の時点ではそういったこともなく、正直ベストの状態で習熟に挑めると思います

そして1か月もすれば工程を習熟できるので、寒さが本格的になる12月~2月中は

もう自由自在に工程内で動けるようになっているかと思いますので

全く問題なく快適に作業に集中できることでしょう

もうしばらく経てば、冬が明けて3月になります

もうひと頑張りすると、あれよこれよとGWが来て、休みと同時に150万以上の貯金をもって

工場をトンズラすることが出来ますw

去った後はあなたのことなど、工場の同僚たちはだれも覚えていません

なぜならみんな、あなたのことよりも目の前に迫っているGWをどう楽しもうか?と言うことに

頭がいっぱいになっているため、全く問題なく辞めれることでしょうw

色々考えた結果、期間工で半年間で快適に作業をしながら金を貯めてトンズラするのは

間違いなく11月~4月の時期だと私自身は確信していますw

まあこれはあくまでも私のように限りなく働きたくないけど、半年でサクッとある程度の金貯めて

さっさと期間工辞めたいと思っているニート的な考えでお話していますので

参考になるかはわかりませんが、半年プランで考えるなら間違いなく最良のプランだと自負していますw

皆さんはどうなんでしょうかね?異論があれば聞きますよ!

体感的な工場内の温度について!

ここから先は部署ごとの私の体感的温度についてお話していきます

あくまでも私の体感ですので、人によって違ったり

またその場の環境に応じて全く変わってくるかと思いますが

大体認識はこのぐらいだと思います

外気温が35度だと仮定すると

工場内は基本的に35~40度(一部機械が多いところはさらに上がり45度以上の場所もある)

エンジン組み立て40度前後

トリム組み立て40度前後

プレス40度前後

塗装40度~45度前後(体感もっと高い)

溶接45度~

加工45度~50度

熱処理加工50度以上~∞

事務所勤務25度

リアルにこんな感じです

帰り道に工場内で私は加工職場と熱処理している場所を通るのですが

その場所を通った後に、工場内を歩くと

工場内がむしろ涼しいと思えるぐらい暑いですので

おそらく熱処理系に配属されていたら私も持っていたかどうか自信がないぐらい

過酷な現場だと思います

夏にここにきてしまったら、文句なく超ハズレでしょうね

期間工界の認識では、多くの場合で期間工で最もハズレなのは

車体の中に入って組み立てするトリム工程だと言われていますし

事実私も、それは認めていますが

夏だけで考えてみると、トリムよりもキツイ部署はたくさんあるかと思います

トリムはなんといっても軽装備でいられるのが本当に大きいです

溶接とか塗装とかだと、マジで重装備ですので

夏は地獄と言う言葉以外見つかりません

逆に夏は組み立てはもしかしたら当たりの方に入るかもしれません‥‥

マジで運動不足のデブが痩せたいと思ったら

塗装や溶接に行けば、ライザップとかダイエットとかする必要すらなく

強制的に痩せれるため、おススメですねw

全てがめんどくせぇ期間工
デブにおススメ!真夏の期間工!

 

誇張なしにそのぐらいキツイ労働環境ですね

だから夏に期間工行くのはよく考えたほうがいいですw

それでも夏に期間工に行かなくては人生詰むとかいう人は頑張ってください

マジで半端じゃないぐらい暑いですから!

少しでも夏の工場内の地獄の暑さを緩和するための知っておいて欲しい無駄知識

まず第一に無理をしない

体に不調を感じたらすぐに上司に言う

体が底辺労働者にとっては一番大切な資本であることを忘れるな!

水はたくさん飲め!

ただし、ミネラルウォーターとかお茶的なものは飲んでもあまり意味がない

意味があるのは、塩分が入ったもの

例でいればスポーツドリンクとかポカリスエットとかアクエリアス、オーエスワンとかそういったものです

間違ったことや暴力以外でお金を得るには

モンスターとかコーラとかそういったものジュース系や炭酸系は駄目です、さらに喉が渇くことになります

そして睡眠をたくさんとりよく休むこと

光熱費無料という期間工の神待遇を使い、クーラーで部屋をガンガン冷やして部屋でゴロゴロしろ!

それに尽きます

もう夏に期間工をやるという時点でどこをどうやっても暑いのですから、この暑さから逃げる方法などぶっちゃけありません

あるなら私がとっくに実行しています

だから以上私が言っている超基本的なことを守っていきましょう

基本的な考えですがそれを守ることが結果的に自分の体と暑さを凌ぐ最善の方法なのです

まだまだ暑さが続きますが、私も貯金額700万目指して奴隷労働頑張りますので皆さんも体調に気をつけて耐えていきましょう

それじゃまたの糞記事で!

↑寮費光熱費完全無料!誰でも半年で貯金150万以上余裕でできる

期間工の応募はこちらから、私は半年で200万弱貯金出来ました!↑

期間工は間違いなく底辺職の中では最強です、私のように底辺スペックで人生終わっているけど、まだ人生に希望を持っていて人生逆転したいとか考えてる人にとってはマジおススメですよ!


期間工ランキング
↑ブログランキング初めました!ポチっとしてくれるとめっちゃモチベーションが上がるのでよろしくお願いいたします!