すでに底辺から抜け出してしまったため、モチベーションがダウンして困っている底辺期間工が改めて自分が本当に目指すべきものについて真剣に考えてみたが‥‥

今回の話は最近の私が強くふと感じることがあるので自分事ですがお話したいと思います

超絶中2病的話になってますが、読んでいただければ幸いです

2年前から地道に底辺から這い上がりたいと思い、とにかくひたすら自分の信じる道を進んできたわけですが最近どうにも明らかに自分の中でモチベーションがダウンしてきているのを感じます

それはなぜかと言えば、もうどうやっても底辺時代の私と比べて

今の私はマインド自体が底辺時代のそれとは圧倒的に変わってしまったために

今後私が過去の底辺の時みたいに借金生活に戻ったりすることはあり得ず

実はすでに内心では、もうある程度満足をしてしまっている自分がいるということです

というかぶっちゃけ世間で言われている底辺を完膚なきまでに卒業してしまって、むなしさを感じているわけですよ

最底辺から這い上がるために自分の生活すらままならない状況では話にならないということで

とにかくまずは自分のケツを自分で拭えるようになるために貯金100万を目指す段階とか

働けば働くほど貯金額が上がっていくのが非常に楽しく生きがいに感じていた300万までの段階

そして貯金をするという生活が完全に定着していないと絶対に到達できない領域であろう貯金500万と

とにかくひたすらまとまった金額にその都度その都度現れる壁を壊し続けてきた私ですが

必死に走り続けてきたおかげで、すでに貯金生活が完全に心身ともに定着してしまった今

もはや貯金額に関しても今後100%上昇していくことしかありえず、時間が経てば経つほど底辺に落ちるどころか、自動的に登って行ってしまうということがわかりきっているからです

その為、意味の分からない変な話ですが、モチベーションが大幅に削がれてしまっているのです

なぜならすでにもう、何か私が変なことさえしない限り安心だから…

ここまで貯めたマインドがある以上、今後どうやっても、また経済的に貧窮するような底辺に戻りようがないから!

今回の記事、私はネタ的な意味ではなく、煽りなく心の底の本心からそう思っています

マジでガチです!!!

まあこういったことを言えば、途端に上げ足をとるかのように

28歳の高齢アラサーの貯金たったの613万しかないカスの癖に

底辺に戻るわけがないとかw非正規の癖に何を言っているんだ?って否定したくなる方はいるかと思いますが

言っておきますが、資産を築き上げるのに非正規とか正規とかそういった話は一切関係ありませんからね!

参考資料!年代別平均貯金額↓

20代30代40代50代年代別貯金額負債額
20代30代40代50代年代別貯金額負債額

確かに一気にここから短期間で労せず私の貯金が3か月で1000万とかになるということはあり得ないですし、仮に増えていったとしても現時点の私レベルの実力では、せいぜいひと月に数十万が関の山でしょう

でもアンチの皆さんには、大変申し訳ないのですが

私が今後底辺に落ちるということはもう金輪際あり得ないのは間違いありません

なぜなら資産を築き上げるのに必要なことは、他人がどうこうとかいうのは一切関係なく

全て自分自身の考え方の問題に過ぎないからです

まあこれがわからない人は、世の中の多くの人と同じように思考停止しながら社畜でもやっていればいいかと思いますが

私が仮に今後、ブログや何かしらのSNSで自分の資産状況等を報告しなくなったとしても

100%将来に向かって今よりガンガン資産や貯金額が上がっていくということは絶対に間違いないと言えます

もうこの節約生活や金の大切さが体に染み付きまくって、空気を吸っているぐらいの次元にまで自分の中に落とし込んでいますからね!

この話が嘘だと思う方は、この記事をブックマークにでもして、5年ぐらい私の情報をすべて遮断してください!

一切見なくていいです!誰も別に見てくれなんて言いませんし

私のことなど、記憶の片隅から忘れてもらって結構です

そして5年後にでも超暇なときにでも私のことを何かのタイミングで思い出して

そういえばタテヤマっていうゴミカスがいたな

あいつ今いくらになってんだろうな~って

適当に私のその時の発信内容でも見ていてください!

おそらくその時の私は全く違うことをやっているでしょうし

100%その時の私の資産額は1000万とか1500万どころの次元ではないぐらいになっているかと思います

なぜそこまで自信満々に言い切れるのかと言うと

底辺の方には申し訳ないのですが、すでに自分の人生がこういった生き方をしていれば間違いなく勝ち確すると言うことがわかっているからです

正直、人生の勝ち方がわかりましたw

若いうちに負けることを覚えておけば、年取った時に大きな失敗をすることがなくなる!
人生、案外楽勝であることに気がついた!!!! 今まで無駄に考えすぎていた!!!

 

この意味は、絶対に今ある程度生活が満たされていて経済的不安がない人でないと間違いなく理解が出来ない感情だと思います

そして今現在、ある程度生活が満たされていて、今後の人生においてあまり心配事がない人なら絶対に理解ができる感情だとも思います

そして逆に悪い意味で言うならば

これからいくら頑張っても、これから自分が得られる感情はきっと過去に貯金が100万とか200万とかに到達した瞬間に感じた達成感よりも、絶対に達成感も何もないことがわかっていて、お金は増えているのに関わらず、逆に何かむなしさを感じるであろうという話なのです

その為、意味が分からないかと思いますが逆にモチベーションが落ちているのです

非常に中2病みたいなことを言ってますが

これは釣りなのか?釣りじゃないのか?本気で悩む底辺期間工

今になって底辺時代の時のことを振り返ってみれば

なんだかんだ、底辺から這い上がっていくのは、達成感がありましたし

やればやるほど結果になってついてきて楽しかったということだったのでしょう

私も底辺時代のことを思い出すと正直、涙が出てくるぐらいツラかった時期もありましたが、それでも当時は今とは違い、明らかに「自分は生きている」という実感がありました

でも今の私がこれから頑張っても、絶対にもう最底辺から這い上がっていくときのような

一気に駆け上がっていくかのような充実した達成感は得ることが出来ず、仮に30歳までに貯金が1000万とかになったとしても、おそらくたいして喜ぶことはないでしょう

なぜなら貯金1000万など、今後いずれ自動的に達成することがわかりきっているからです

わかりきっていることに対して感動などするわけがありません!

と言うわけで底辺の時と比べると今までとは全く違う次元で悩んでいるため、人によっては嫌悪感もあるような、ある意味贅沢な悩みかと思いますが、自分は自分でそれで最近大幅にモチベーションが削がれているので、本気で真剣に悩んでいます

底辺から這い上がるのは基本的には難しいとされているが…実際は‥

世の中では底辺から這い上がることは難しいと思われています

私も初めはそう思っていたし、今でもそう思っている部分ももちろんあります

でも考え方や生活スタイルや生き方等を思いきってガラリと変えて視点を変えてみることで

案外皆さんが想像するよりも「はるかに簡単に」底辺からは這い上がることが出来てしまうため

世の中の仕組みと言うのは、厳しそうに見えて実は案外ザルだとも最近は思うようになりました

こう思う理由としては

底辺の時には見えなかった部分が底辺から抜け出した今ならはっきりと見えるようになっているからです

底辺の中にいるときは、正直、底辺から這い上がることは一見すると不可能のように思えるかと思います

でも実際はそうではないのです、不可能に見えて

実は糸はそこいらじゅうに垂れているのです、救いの糸は何本も何本も目の前に垂れ下がっているのです

本当にマジです、そこらへんにあります

これは釣りなのか?釣りじゃないのか?本気で悩む底辺期間工

でも底辺の中にいると、周りも基本的に全員底辺であるため誰もその糸になぜか全く気がつかないのです

ミソなのは、見事に全員底辺であるという点です、ものの見事に誰も気がつきませんw

仮にまれに気がついた人がいたとしても多くの人は誰も糸を手繰り寄せて登ろうとはしないでしょう

その糸は見た目は非常に細いのですが、実際はめちゃくちゃ頑丈で

どんな大男が登ろうとしても絶対に切れないように出来ているのですが

見た目の糸の細さに惑わされてその細い糸が、自分の体重など支え切れるわけがないと、やる前から誰も登ろうともしないのです

実際登ってみようとチャレンジすれば案外簡単に誰もが登れるのですが、登る前から諦めているのです

実際やってみれば何でもないことなのですが、誰もやらないため簡単であるということすらわからないのです

底辺から這い上がるというのは実際こういったことだと思うのです

選択肢は一つだけではないのに、自分が過去に失敗してしまったその選択肢に固執したり

自分が全く知らない他の選択肢を選ぶのが怖いから、あえて何も選ばない

ここでは糸=選択肢という解釈をして話していますが

マジで底辺から這い上がるのなんて、考え方を変えてちょっと行動すれば本当に超余裕ですから!

私が実際に高卒非正規元ニート引きこもりニキビでも這い上がっていますから、ほんのちょっとの行動力と勇気と時間さえ出して一歩踏み出すだけで、絶対に底辺自体からは余裕で抜け出せます!

実際に元底辺だった私自体の考え方が初期の頃と比べて大幅に変わってしまっているように、底辺脱出など実はなんでもないことなのです

何もしなくても実は世の中が経済成長するにつれて、相対的に生活自体は豊かになる!

私のモチベーションが落ちている理由の一つとして

「相対的豊かさ自体」が実はもう私が今後さらに富を得たとしても、今とあまり変わらないのではないか?と言う点があります

これがモチベが落ちている原因ともいえるかもしれません

なぜなら実際のところ日本にいる限り、所得が低い底辺であろうと

最低限の豊かさは得られてしまうからです

期間工半年で貯金200万貯まらなくてもいいじゃないか

これはいわば技術革新とか経済成長の恩恵ともいうべきでしょうか?

昔は携帯だってガラゲーでしたし、スマホ自体もありませんでした、もっと昔はさらにアナログでした

ネットだって今みたいに高速ではなく、動画一本読み込むのにすごい時間がかかったり

エロ画像一つダウンロードするのだって、長時間かかっていた時期がありましたよね?

それが十年ちょっとたった現在はどうでしょうか?

今はある程度の容量を持ったファイルだってほんの一瞬でダウンロードできるわけです

アマゾンが普及し、基本的に日本のどこにいてもモノが無料で届く時代になりました

私のように、ド田舎期間工に来ても余裕でネットが楽しめるわけですし

期間工行くならポケットwi-fiを絶対に契約した方が良い理由とは?

仮にパソコンやスマホで新機種が出たとしても、1年も経てばガンガン新しい最新機能を兼ね備えたものが出るので

少し前の機種など、失笑されてしまうぐらい今の世の中は進化のスピードが速いわけです

例えるなら、10年前には数十万したパソコンが今ではわずか数千円で買えてしまうわけですよ…

そしてその数千円のパソコンでも、最低限の生活を行うに関してはすでに十分すぎるスペックを持つわけで、実際のところ新しいパソコンを買わなくても十分だったりします

そして世間では企業が他企業よりもさらによいサービスを生み出そうと

常に試行錯誤していることにより

便利なサービスが、時間が経てば経つほど、より安価で私たちの誰でも受けることが出来

正直、今の世の中は、超絶勝ち組であろうと、フリーターの薄給であろうと

最低限の生活自体を考えると、幸福度自体はぶっちゃけあまり変わらないような感じがするのです

実際私は、現時点の生活でもすでに世の中便利すぎて満足していますし

後は「どこでもドア」とか「タケコプター」とかソードアートオンラインとかに出てくる

「ナーヴギア」レベルなものが出てこない限り驚くことはないかと思っています(さすがにどこでもドアがマジで出来たら超絶驚愕するかと思いますがw)

現に私は無駄にプレイステーションVRを持っていますが、これでAVを見ると

リアルに目の前でドンパチ始まるわけですよ、少し前まではこんなことは絶対に考えられませんよね?

しかもこれも、今後どんどん進化して行って、いずれは全方位から鑑賞可能になり、体感等の感触や嗅覚までも同期できるような時代に間違いなくなると思います

いずれ性風俗にしたって、店舗型から、こういった仮想世界での体験みたいな感じになって

今みたいに一回3万とか払わなくても超美人の人と数千円とか数百円で体験ができるようになるかもしれません

まあそうなったら、ますます少子化に拍車がかかり、人類は全滅の道をたどることでしょうが‥‥

いきなりAVの話に飛びましたがw

つまりは、資本主義であるが故に

企業が技術革新を重ねていけば行くほど

どんどん生活が便利になっていくのに対し、相対的に生活に必要なコストが下がっていくのです

よって

みんながみんな、仮に収入が低かろうと、借金等の負債がない状態なら

結構便利に豊かに生活が出来てしまう日本では、相対的にみんな豊かなので、実際は満足度で考えたら

収入がよかろうと低かろうと、実はあまり変わらないな‥‥としか思えないのです

唯一、幸福度に差が出ると考えられるのは、ネットが普及したことにより

自分が他人と比べてどうなのか?と言う他者との優位性が簡単にある程度はわかってしまう点(いわゆる格差ですね)

個人個人に内在してる「人より多くのものを所持したいという所有欲の違い」ぐらい

かと思うのですが

所有欲に関しても

人より多くの高級車や高級マンション、高級ブランドモノや高給時計高級スーツなど

他人より多く所持していたいとあこがれている人はたくさんいるでしょうが

正直私みたいに、そういったものに一切憧れがない人にとってはもはやどうでもよく、ぶっちゃけ金の無駄にしか思えないですし

キラキラ系SNSとかで、インスタ映えとかyou tubeでの自慢げな動画とかも

外野を一切遮断して、ただ己の道をひたすら突き進むだけと決めている私にとっては一切興味がないため

そう考えたら

ある意味ではすでにこれ以上は私が感じる幸福度自体はあげることは出来ないのではないかと思っているわけです

私の中で最も幸福だと思うことはすごい単純で

自分が好きな友達や家族全員が笑顔で笑って生活できて、ストレスなく楽しく生活することなのです

ものすごくシンプルかつ単純です

ですがすでに私にとってその次元は正直今後余裕で達成できてしまうため、モチベーションが明らかに下がってしまっているのです

私はご存知アニオタなんでわかりやすくソードアートオンライン的に話せば

今の私はアインクラッド22層で、ようやく安息の地を手に入れたか、もしくは後少しで手に入れるかもしれないぐらいな状況なわけですよ

私は完全ソロプレイなので、キリト君と違ってイケメンでもなくリア充でもないため、アスナとユイちゃんは居ませんが、一人でとりあえず落ち着ける場所をようやく手にいれたという状況なわけですよ(sao見てない人全く分からないと思いますが、わからない人は見てください、おススメです)

永久にニートできる環境を手に入れるということは、SAOで言えば、アインクラッド22層の家を買ったと同じ事に等しい
永久にニートできる環境を手に入れるということは、SAOで例えるならば、アインクラッド22層の家を買ったと同じ事に等しい

節約生活が身につきすぎていて、すでに普通に生活している限りではどうにでもなってしまう

私のことを底辺とバカにする人はたくさんいるかと思いますが、底辺であろうと、日本にいる限り残念ながら最低限の豊かな生活が出来てしまうわけなのです

日本人であるということだけで、世界的に見たら超リッチなのです(マジです)

しかも安価で…普通に衣食住を満たしてネットを見れて、最低限の情報と最低限の娯楽等

ぶっちゃけ家にいるだけでも誰でも得ることが出来てしまうわけで

そう考えたら、自分が今必死に頑張っている意味って何だろうと…

最近思ってしまっているわけです

なぜならすでにもう十分すぎるほど満たされているからです、満たされすぎているのです

もちろん、私の気持ちは常に前を向いていますよ

基本的なマインドがすでに労働者目線を完全に卒業しつつあるため

ひたすら前を向いていて後ろを振り返らないため

さらに上の自分になるために努力し続けるため

今後も貯金額自体は増え続けるでしょう、将来に向けて資産を形成するための勉強も続けていきます

でも、相対的豊かさがもう変わらないとわかりきってしまっている以上

いずれ目標がわからなくなるのではないか?という点が非常に怖いのです

本来、私の目的は初め、この期間工ブログの最初の方を見てくれればわかるかと思いますが

最終的には雲のジュウザ的に自由気ままに生きるようになることが目的でした

俺はあの雲のように、自由気ままにニートして生きる
俺はあの雲のように、自由気ままにニートして生きる

言葉を変えてアニオタ的に話すなら、ジョジョの吉良吉影のように、人に迷惑をかけることなく静かに楽しく暮らすこと(まあ吉良吉影は殺人鬼ですがw)

吉良吉影的な生き方をしたい底辺ニート期間工
吉良吉影的な生き方をしたい底辺ニート期間工

 

これが当初の目的であり、同時に最大目標だったのです

最近の私だけを見ている人はとても信じられないと思いますが

私は元々糞怠惰でゴミとしか言えないぐらいの生活をしていましたし、できれば今でも何もしたくないぐらい隙あればサボろうとしますし、可能であれば永遠に遊んで寝ていたいぐらいです

そんな考えだったため、当時貯金がなく、底辺そのものだった私は、ただ安易にお金さえあれば永久に引きこもれるし働かなくてもいいやって思っていました

これは言い換えれば、何もしなくても自由な生活を送れて

何一つ不自由のない生活を送りたいという感情の裏返しなのですが(つまりニート的生活を永久に送りたいということ)

今になって真剣に考えれば、正直おそらくこの生活は、ぶっちゃけ私の貯金額が今後1000万~1500万ぐらいになれば、自動的に叶ってしまうわけなのです(親の介護問題を除けば)

現時点でも、期間工を終えて実家ぐらしに戻るであろう私なら、仮に結婚等を考慮せず独身を謳歌しようと思えば、月10万もあれば超絶余裕で生活が出来てしまう以上、転売で少し本気を出せば10万ぐらいは余裕で稼げてしまうし、転売だって、今あるお金を100万も出して超本気で取り組めば、利益だってさらに伸ばせるでしょうし、そこらの底辺正社員で働くより稼げてしまう自信があるため

貯金額自体は減らないで余裕でキープ自体はできてしまいます

よって、さらに貯金が増えて1500万ぐらいになれば

もうどこをどうやっても普通に暮らしている限りは、お金が減らなくなるというのは間違いないでしょう

多くを求めない私は、生活レベルなど気にしないため、生活費は非常に安く済みますし

私は両親とは非常に仲が良いため、両親には生活費を月に5万ぐらい出していれば問題なく生活自体は出来てしまうのです(家族がうざいとか言っている人よくいますが、わたしに言わせれば家族と仲が良いというのは財産です、親戚はうざいですが、私は両親が大好きです)

でも仮にその生活を手に入れたとしても、今となっては

正直おそらくあまり良いものではないのだろうなと想像できてしまうのです

はっきり言って、毎日が日曜日と言う状態は憧れですし

毎日競馬見て、毎日アニメ見てマンガ読んでゲームして好きな時にシコって寝るという生活は

私の理想そのものです、今の私にとっては超夢そのものですw

でもその生活を手に入れた先にあるのは、きっと数か月もやれば飽きてしまい

結局はまた何か無理やり目標を見つけて

なんだかんだ言いつつも、その目標に突き進んでいるであろう自分しか想像が出来ないのです

人はどうしてもその場その状況に慣れてしまう生き物であるため

実際にその生活を手に入れたらと仮定したら、今度はあまりにも暇すぎて発狂し

100%また新しい目標を見つけて動き出しているだろうと現時点でも予想出来てしまうのです

色々と勉強をしているうちに、人は一つのところにとどまり続けることは出来ず、常に動いていないと駄目だということがすでに分かってしまいました

結局のところ、自分は一体本当は何がしたいのか?よく考えてみても今の時点では全くわからない…

貯金額が増えれば、雲のジュウザや吉良吉影的な生活はおそらくできる

しかもそれも貯金1000万~1500万もあれば、現時点の私のマインドと考え方なら100%達成可能

そしてこのままいけば、現時点で貯金613万の私でも時間さえかければ、後数年でほぼ達成可能

でもそうなったところで、絶対に何かむなしさを感じて、結局また動き出すことがわかっている…

そういう風にすでにわかってしまっている以上

自分は結局今後何がしたいのか?一体何を目指していたのか?

今の私は目的が何が正直わからなくなってしまっています

最初はとにかく底辺から這い上がりたいという一心でしたが

努力の甲斐あり、ここは正直もう卒業することが出来ましたよね…

そして次は生活に全く問題のないニートになりたい

これも後数年で余裕でなれるでしょう

ではその後は?

起業するのか?

でも起業したとしても、生活はもう全く問題ないのにどうして起業するのだろう?

適当に転売とかやっていれば金だってもう減らないでしょ?

今の自分はそう考えてしまって、目標を見失っている状態なのです

ならさらに働いて貯金額をとにかく増やすのか?

でもすでに613万でも幸せなわけで、これが仮に1500万になったとしても

もう生活自体は変わらないだろう…相対的幸福度は同じ

高級車も高級時計も一切興味ない…

じゃあどうするんだ?

…わからない

というわけで考えが永遠とループしているわけなのです

自分が本当にしたいことは何なんだろうか?と

今の私が考えても正直検討もつきません

この答えは実際に1000万貯めて数年ニートでもすれば、わかるようになるのでしょうかね‥‥

まだ想像の範疇だからこんな青臭いことを言っているのでしょうか?

私と同じような経験をした方、あるいは現在進行形でそういった状況にいる方

正直たくさんいらっしゃるかと思います

世の中に底辺から這い上がった人はたくさんいます

そして今ではめちゃくちゃ成功している人もたくさんいるでしょう

そんな人に聞きたい!

底辺から這い上がって生活の支障が全くなくなった状況になって

その時あなたは何を思い、何を考えて、どういった行動をしたのか

あなたが体験した経験を今の私にできれば教えてはいただけないでしょうか?

本当に真剣に悩んでいます

このブログの命題は底辺から這い上がることが全てでした

でも私はもう底辺から這い上がってしまいまして

ブログの最初の時と今の私ではもはや別人と言っていいぐらいマインドが変化してしまいました

相対的幸福度はもはやあまり変わらないのに、どうして自分は頑張っているのだろう?

現在の私は正直モチベーションが激下がりな状態です

この記事を見てアドバイスをくれたら幸いです

今までとは全く違う視点で悩み始めているので、私よりはるか先に進んでいる先輩たちの声が聴きたいのです

2ちゃんのスレ見たいな悩み相談みたいな話になっていますが成功者の話を参考にしたいので、よろしくお願いいたします

どうしてこうなった

世の中の真実は、とにかく後にも先にもまず金である!

前の底辺時代からわかっていましたが、ある程度貯めてみて、改めて思います

つくづく世の中はとにかく金がまずものを言います

私は真実しか言わないため

綺麗ごとを抜きにして考えれば

何をするにも、飯を食うにも空気を吸うにもまず金があることが大前提で

金がないと行動が圧倒的に制限されてしまいます

いわば金を持っていることが当たり前であって、金を持っていないとスタートすらできないため、全く持ってお話にならないわけです!

私も底辺時代を振り返ってみると、ただ金がなかっただけでチャンスだとわかっていても

行動できなかったり、悔しい思いをした経験が何回もあります

日雇い派遣をやっていた時の、派遣先の社員が私たち底辺労働者をまるでゴミを見るような目つきで見ていたことや

マクドナルドの深夜の底辺感や次の日、早朝から日雇い派遣の仕事が入っているにも関わらずネットカフェで足を伸ばせず寝れなかったときのことを私は一生忘れることはないでしょう、毎日劣等感に苛まれていて、その時の悔しさが私の原動力になりました、ここまで貯めることが出来たのは間違いなく、その経験が役に立っているのだと思います

でも今は違います、最低限度の金を余裕で持ち、生活に一切困窮しなくなったことにより

非正規であろうとも、経歴が底辺であろうとも今まで感じていた劣等感等を感じなくなりました

なぜかと言えば学歴がどうとか資格がどうとか経歴がどうとかとかそういったことは、自分の人生の幸福度に対しては一切関係がなく、全ては自分の気の持ちようでしかないという根本的な事実に気がついたからです

それを思わしてくれたのは、期間工で18カ月間必死に貯金して作り上げたこの613万が私にとっての自信と余裕をもたらしてくれているからです

私は今回の期間工を終了したら投資の世界に入ってみようと考えていますが、仮に投資と並行して労働をしなくてはいけないというのなら

期間工以外やることは絶対ないと断言するぐらい、底辺から脱出するには期間工が最短ルートであると、今底辺で苦しんでいる人には強くおススメいたします