どうも!今日は「資格」について記事を本気で書きたいと思います

またそういった感じの記事かよ!って思っている人申し訳ない

もはやこのブログは期間工ブログとは名前だけであって

実際のところ期間工ブログとしての形はもはや成してないのかもしれない

ぶっちゃけ、もはやこのブログは

底辺から抜け出すために最も必要な精神面を大幅に強化するためのブログになってしまっている

期間工の情報を求めてくる人には申し訳ないが、このブログの過去記事を見てくれればすでに期間工については腐るほど書いてあるから、そっちをみてくれ!

もう期間工ネタは飽きたし書いてて私自身が面白くない!

ぶっちゃけ本音を言うと、あとは今行っている期間工ネタをいずれ公開していくだけで

遅かれ早かれ新ブログに移行しようと思っている、もう期間工について必要なことは語りつくした

いっておくが、どこの期間工に行ってもやることは全部同じだ!

世の中はまずお金が最低限あることが最優先事項なのだから

期間工に行ったなら、目標を持ち、その目標に向かってひたすら金を貯めるしかないのだ!

よくわかんないなら適当にトヨタとかスバルとかデンソーとかマツダとか三菱自動車あたりに行って、一生懸命頑張っておけばまず間違いなく100%お金は貯まるだろう!

半年で余裕でまず150万貯金を作るぐらいは見込めるはずだ!

つうかこの記事見ればどこの期間工がいいとか全部書いてあるから、勝手に選んで勝手に人生変えてくれ!

期間工はすべて自分のやる気と信念次第で金は余裕で貯まる!

期間工で遭遇する外野のクリチャー達はすべて無視して、自分にメリットがあるであろう人とのみ付き合うんだ!

そうすれば自動的に自分のレベルも上がるし、強制的に金も貯まる!

以上のことから

期間工に関して私から言うことは、もう何もない

もはや何十回も同じことを口を酸っぱくして言っているからだ!

脱!社畜!固定費の無駄を削減し、手元にお金を残そう

今回の資格ネタについても期間工とはもはや一切関係のないことを書いているが

なぜこうした記事を書くのかと言うと

こういった本質系の記事を書くと私自身のやる気が満ち溢れてくるからに他ならないからだ

またなぜ今回、このような記事を書こうと思ったのかと言うと、私のブログによくコメントをくれる方が

「資格」を持っていれば人生を逆転できる!今の自分は「資格」をたくさん持っているから底辺から這い上がった!

ということをよくおっしゃっていたので

それについて良い機会だから、このタイミングで私の考えをお話したいと思ったからです

後、のちに資格について詳しく記事を書きますからとその人に宣言したからです!

トヨタ期間工とデンソー期間工ならマジで2年11か月で貯金1000万できるよ!より

と言うわけで、その約束を果たすため、資格について私の考えを全力で書いてみました!

資格について英検4級で原付試験1回滑っているゴミが本気で考えてみた!

実際のところ、知り合い等と「資格」の話をする機会があれば、こういった話はよく聞く話ではないかと思います

俺、資格を取って人生を逆転するんだ!

今さ~あの資格を取ろうと思っているんだけど、あの資格って難易度どのぐらいなの?

資格さえ取れば、俺は変われる!など

事実、多くの人が資格についてそういった話をしているのをよく目にします

今回の話は、かなり多くの人にとって実際のところ相当気になる話ではないのか?と思っています

そこで今回は私の資格に対する認識及び、本当に資格を取れば人生を逆転することが出来るのか?ということについて私なりの考えを記事にしてみたいと思います

あくまでも私の持論になりますが見ていただけるなら幸いです

ちなみにこの記事で私は資格のことを話してますが、それはあくまでも記事にするから話しているだけであって、私の本音と言えば、もはや資格なぞ取る気もないし、興味すらないのが正直な話になってしまうのですが

それはあくまでも私が自分の生き方にすでに迷いがなくなっているからそういった考え方になっているだけであって

それでは話が終わってしまうため、あくまでもそれを踏まえた上で私なりの資格についての考えをお話していきたいと思います

当たり前ですが、すでに普通のルートで人生を生きていこうと思っていない私の考えですので

参考になるかはわかりませんが、あくまでも個人の見解として見ていただければ幸いです

資格は底辺から這い上がるのに必要不可欠なものなのか?

資格と聞けば、色々な資格がありますよね?

司法試験や司法書士、弁理士、税理士、公認会計士、宅建士、医師、行政書士等いろいろあります

巷の公務員だって、あれは公務員試験を突破した資格を持っているから公務員になれるわけで、立派な資格と言えるでしょう

上記の資格等を持っていたら、底辺から這い上がるのに、持っていない人に比べて圧倒的に有利になるのは間違いありません

12時間勤務工場夜勤の感想

でも資格にもいろいろ種類があって、国家資格の中の業務独占資格と名称独占資格

それとは別の公的資格とか他にもいろいろとわけわからん風に資格は大量に分けられています

資格という名前がつくものはそれほど玉石混交で腐るほどあると思って過言ではありません!

回りくどい言い方をするのはよくわかりにくいと思いますので

いきなり私の結論から言いますと

国家資格の中の業務独占資格以外の資格は

底辺から這い上がるのには一切必要ではありません!

もうこれっぽちも必要ではないと思っています!

少なくても私はこう考えていますし、今後もその答えが変化することは一生ないでしょう

では…なぜ私がそう思うのか?それを今から解説していきます

国家資格の業務独占資格は必須だが、それ以外の公的資格等はただの趣味みたいなものだから!

その仕事をするにおいて、業務独占資格は、むしろ必要不可欠と言えます

なぜなら、所持していないと仕事すらできないパターンもありますし、持っていることによりメリットも非常に大きいからです

でも公的資格等は業務独占資格等とは違い、正直自己啓発的みたいなものにすぎないと思っています

そもそも漢字検定や英語検定など、仕事をするのにおいて、使いますか?って言ったら使わないと思うからです

確かにある程度の教養があるという証明にはなりますが、企業はあくまでも、あなたに仕事をしてほしいのであって

別に英語や漢字を書けなんて言ってるわけではないのです(英語を使う企業等なら自身の語学レベルを判定する目安になるかもしれませんが‥‥)

よって世間的に使える資格と言えば、国家資格の中の業務独占資格であり

それ以外の資格を持っていたところで糞の役にも立たないでしょう

と言うわけで、ここから先はすべて、国家資格の中の業務独占資格についてお話させていただきます

世の中はすべて実務経験がものを言う!資格のみ持っていても意味がない!

ここから先はすべて、国家資格の業務独占資格についてお話をしていくわけですが

その中で私が特に重要視しているのが「実務の必要性です」

世間では、資格について何か幻想を抱いている人が多すぎるので

勘違いを軌道修正をしていただくために、ごく当たり前のことをお伝えいたしますが

ただ資格を取れば、その業界のことをすべてマスターしたわけでもないし

当然即実務が出来るわけではありません

資格を取ればなんとかなる!

みたいなことを多くの人が言っていますが、ぶっちゃけなんとかなりません!

なぜかと言えば

そもそも資格は、その業界に入るための「最低限の導入の段階」にすぎないからです

実際問題、業界未経験の人が資格を取ったところで、せいぜい実務がない人の理解度なんて

その業界では、一体どんなことをするのかな?

なるほど‥‥こういったことをするんだな?

って程度しかないと思います

資格を何も持ってない人より、まだ資格を持っているから、ほんの障りの部分だけはわかる

とこのぐらいのメリットしかないかと思います

それよりかは、現場でバリバリと実務をこなしている資格を持っていない人の方が

資格のみ持っている未経験の方より100倍使えます!

これは揺るぎのない事実です、まずはこの認識を認めてください!

そのぐらい実務を経験しているのか?していないのか?という壁は大きいと思うのです

確かに資格を頑張って勉強して合格したということはすごいことだと思います

実際、現場で働いている方を見ても、全員が全員その業種に必要な資格を持っているか?と言われたら持ってない人もたくさんいますしね

そんな中で、実務未経験ながら資格を保有しているあなたはすごいと思います

相当自主的に勉強をして頑張っているのは認めます

ですが勘違いしてはいけないのは

資格に合格したということは、ただの入り口に手をかけたにすぎず

そこからドアを開けてようやく実務をすることにより、その全貌が見えてくるわけで

資格を取っただけでは、ただ窓の外から部屋の中を眺めているだけに過ぎないのです

現場は生き物ですし、常にいろいろと形を変えてあなたに問題となって襲い掛かってきます

参考書の問題だけでは対応できないような問題が次々と形を変えてやってくるのです

そんな時に、この時はどうしたらよいのだっけ?と言う風に時間をかけて考えるよりも

過去の実務を通した経験からもたらされる「現場の感」の方が不測の事態に余裕で対処ができるのです

もっと極端な例を言えば、たった1か月実務を体験している新卒の資格無保有の人の方が

資格を持っている実務未経験の人より圧倒的に使えるかと思います

そのぐらい、実務を知っているのか?知らないのか?と言うのは大きすぎる壁だと私は思っています!

資格は頑張ればとれる可能性が高いが、実務経験はやらないと身につかない!

まず実務経験あり資格未保有>資格を持っている実務未経験である

これを脳にインストールした状態で先に進みます!

天地がひっくりかえっても

資格を持っている実務未経験>実務経験ありの資格未保有にはなりません

まあ唯一、上記の関係が逆転するパターンもあるのですが

それは資格を持っている実務経験未経験の新卒、既卒2年目、せいぜい25歳ぐらいまでの若者に限り適用されるパターンであって

30歳を過ぎた状態で、いくら資格を持っていても業界未経験の実務経験がない場合は上記の関係が逆転することは「日本という国では99%ありません!」

日本…やっぱつれぇわ…
日本…やっぱつれぇわ…

 

まあこれが日本で多くの底辺から這い上がれない人を生み出している原因なのですが

日本は無駄に新卒至上主義で再チャレンジが困難な国ですので

資格を神格視している方等は認めたくない気持ちはわかりますが

日本にいる以上、この理不尽な糞な世間一般常識で戦っていくしかないのです

ではそれを認識した上でさらに先に進みますと

先ほど、私は現場で実際に働いている人でも資格を持っていない人はたくさんいるとお話いたしました

ならば‥‥実務経験をしてなくても資格自体を持っている私はすごいんじゃないの?と思いがちになるかと思いますが…

これには実は決定的に彼らと違うことがあります

それは、別に現場で働いている人が「本気で」勉強をすれば、資格など「余裕で」取れる可能性があるということです

ちょっと考えてみればわかるかと思いますが

すでに実務を通しているわけですから、その業界でやることなど理解しているわけで

後は本人が勉強さえすれば、資格などいつでも取れるものにすぎないと思いませんか?

事実、超難関資格や記述式問題等を除けば、ただ資格と言う試験を突破することにフォーカスして考えれば、資格試験の特性上はある程度は「暗記で対処できる点が大部分」ではないでしょうか?

細かい規定の数字や、法令自体は毎年微妙に変わるから、毎年新しい参考書で知識を上書きしていくことが必要になりますが

基本的には暗記で対処できる点が大部分ではないかと思います

それなら、実務を経験して、業務を理解している人が、ガチで勉強して暗記すれば、資格なんて誰でも取ろうと思えば取れてしまうと考えるのが当然ではないかと思うんですよ

でも取ってないのは、仕事が忙しいからとか、勉強がめんどくさいとか、資格手当が月に1万しかもらえないからとか数年ごとの更新がめんどくさいとかそういった理由から来ているのだと思いますが

実際に、仮に会社が業務命令として

「資格を取りなさい!じゃないと仕事をさせませんよ!」

って言えば、99%みんな資格を取るでしょう

超難関資格等を除けば、資格などその程度の認識でしかないと思うのです

と言うことは

あの人は資格を持ってないから、俺の方が上だって思うのは全くのお門違いであって

ただ「その人が取ってないだけ」あるいはその人が「別に取らなくても現時点で十分仕事が出来ているから問題ない」と認識した方が正解ではないかと思うのですよ…

事実、業務命令だって言えば、あなたが馬鹿にしていた人でも資格を普通に取るでしょう

少なくても私はそう考えていますし、実際そうだと思っています

資格を取る前にまずその業界を調べて、本当に資格を頑張って勉強するメリットがあるのか考えることが重要である!

今でこそ、こういった風な

資格が意味ねぇよ的な記事を書いている私ですが

事実私自身も、資格を取れば安心だと思っていた時期がありました

それは今から一年ちょっと前の時

確か私の貯金が200万ぐらいの時だったと思いますが

その時、私は期間工の糞労働を耐えて節約節制に励み

生まれて初めて貯金200万を自分自身の手で達成したことにより完全に浮かれており

このお金をもって自己投資をして底辺から脱出したいと思っていました

なぜかというと

貯めた200万を絶対に無駄にしたくないと思ったのと

このお金が底辺から這い上がるための絶対的なカギとなると思ったからです

底辺期間工の給料明細

でも自己投資と言っても、その時点では自分が何をしていいのか?わからないし

英語を使う仕事等に就く予定もないので、よくある自己投資である語学等を勉強するつもりにもなれず

おぼろげに自分の心にあったのは、とにかく就職しないと駄目だと思っていました

この時点では、まだまだ底辺でもとにかく正社員でなくてはいけないという洗脳が解かれていませんでしたからね‥

そこで私はとりあえず就職活動をやってみようと思って

私のような業界未経験でもある程度給料が高給なところはどこなのか?と探したところ

不動産業界というのが一つの選択肢に上がりました

ですが、不動産業界に目標を決めたところで、業界未経験であるということと資格すら何も持たないで不動産業界に行ったとしても、全く話にならないだろうから、せっかく貯金もあることだし

この際、不動産系の資格の勉強をして資格を取ったら不動産業界に行こうと考えました

そこで私が考えたことは、不動産業界で三冠と言われている

宅建・管業・マン菅の資格3冠制覇をしようと目論みました

今から考えれば完全に死亡フラグ
今から考えれば完全に死亡フラグ

 

そして目標を来年に見据え、勉強をしようと思った矢先

ネット等を駆使して不動産業界のことを調べたところ

その業界があまりにもブラックであるということに気がつきました

はっきり言って期間工なんか話にならないぐらいブラックで

それでいて、契約が取れなかったり、キツイノルマに追われて精神的に病むという風に多くの先駆者の方が言っていました

私は初め、それはウソでハッタリだろうと思っていましたが、こんなに多くの人が口をそろえてブラックブラック言っているのは、どうにもこうにも心配だなと内心思っていました

当時、ハローワークに通っていたこともあり、不動産業界の求人も何枚もハローワークのパソコンから求人票を見ていて、実際に印刷をしていました

不動産業界の求人票は、調べてみればわかるかと思いますが、ハローワークの他の業種の求人票と比べて平均的に給料がかなり上です、ハローワークの求人票ですら普通に業界未経験でも手取り20万ぐらいの求人なら余裕であります

通常の他のハローワークで募集している底辺正社員がほとんど手取りで13万~16万ぐらいあればまだいい方なのに対し、業界未経験でも手取り20万を見込める不動産業界はやはり魅力的に映りますからね

そこで非常に当初は魅力を感じていたのですが

にも拘わらず周りがブラックブラックと言っているので

不安になった私はある日「とある実験」をしようと思いました

それは、不動産業界が本当にブラックであるのか?否か?という実験です

底辺から金持ちになるための圧倒的考察っ…

つまりはこういうことです

何枚かある不動産の求人には、大抵決まってこう書かれています

労働時間9時~18時 残業時間10時間~30時間

給料 200000~400000円 営業手当見込み残業30時間(営業手当はたとえ残業30時間にも満たなくても一律支給いたします) 賞与あり昇給あり

見たいな感じで大体書かれていました

これを見る限り、残業30時間と言うことは、普通に考えれば大体一日あたり残業は1時間~2時間であるという風に想定できます

なら終業時間は遅くても20時半には終了するだろうし終わってなければおかしい

だったら適当に21時ごろに会社に匿名で電話をして確かめてやろうではないか!という作戦です

ハローワークでは一度に求人票を10枚印刷することが出来るのですが

その中でランダムに適当に3社程度選んで電話をするわけですよ!

どれも求人票には決まって19時終了とか18時終了とか書かれています

つまり本来21時に電話をしても、業務自体終了しているはずですので、会社に誰もいないでしょうから電話が通じるわけがないのです

せいぜい留守電とか、本日の業務は終了しました的な自動音声が流れるはずなのです

これで電話をして、速攻人間が出たと仮定したら、ブラックなのかどうかを判別するためのリトマス紙になる!!!!

そして思い切って匿名で21時に電話した結果

トルルルルルル~

「はい、○○ハウジングです!!!」

何やら元気の良い営業の声、電話の後ろからも何やら声がする

タテヤマ「‥‥」

無言で電話を切るタテヤマ

そしてさらに違う会社に22時に電話したところ

トルルルルルル~

「はい○○です!(22時なのにえらい元気)」

タテヤマ「‥‥!!!」

ガチャ!(無言)

これは一体‥‥求人票によるともう終わっているはずだが?

これは釣りなのか?釣りじゃないのか?本気で悩む底辺期間工

幸い自分の家の近くに求人票に乗っている不動産会社があったため

原付で見に行ったところ、なんとシャッター自体は締めてはいるが

煌々と電気がついているじゃありませんか!!!!?

おいおい、ここだって終業時間19時って書いてあるぞ

そして、駅の大東建託(ハロワの求人ですら給料288000円!しかも土日休みの設定w)を見たら、もう23時だというのに電気ついてるし‥‥ガクガクブルブル (ちなみに大東建託さんの求人票は終了時間が17時30分とか書いてありました、タウンワークでいまだに永遠と募集中!)

残された他の自動車会社達

この時点で、やっぱり不動産業界がブラックだというネットの噂は本当なんだ‥‥っていう気持ちが確信に変わりました

頑張って資格を取ったところで、待っているのはこうした長時間労働であり

なおかつノルマに追われるツラい生活

資格を取ることすら難しいのに、入ったところでこれではすぐに辞めてしまう可能性が非常に高い

未来の自分が苦しんでいる姿がすぐに想像できてしまい

‥‥これはあんまりだな…資格を取る労力が全く報われそうにない

って思い、私は不動産業界及び資格を取ることを諦めることにしました

 

実際にこれは、私が本当に不動産業界がブラックなのか?って調べるために行動をしたおかげでこうした決心がついたわけであって行動しなかったら、たぶん何も考えずに幻想を抱きながら資格の勉強をしていたと思います

きっと不動産業界は高給だから、資格さえ取れれば私でも正社員になれて活躍出来て、生涯安定できるみたいな感じで考えていたでしょう

でも行動したおかげで、その業界がブラックであるという予想が出来たおかげで不動産業界自体を敬遠することが出来ました

そのおかげで資格取得のために費やす時間や人生で無駄に悩む時間を大幅に削減できたわけです

まあそれと付随して食品工場や、販売職などの求人面接を受けたわけですが

正社員の募集のはずが契約社員の釣り求人だったり、募集している場所そのものが違っていたり、そもそも基本給自体が求人票と15000円も違っていてブチぎれたという話もありますがそれはまあ別の話です

あまりにも外の底辺正社員の給料が安すぎて、絶望し、そもそも面接しても貶され、釣り求人等あまりのひどい扱いを受けた私は、それならもう期間工行った方がいいやって思って、また期間工に行ったという話に過ぎないのです(事実それからたった半年で貯金額を194万から376万にしました!こんなの底辺正社員なら絶対に無理でしょう、おそらく194万をキープしていたかなんとか250万ぐらいに増えていたぐらいだったと思っています)

仮に不動産業界を目指して3冠制覇を目指すルートで行っていたとしたら、当然勉強するしかないですので当たり前ですが期間工で並行しながら3冠制覇なんてほぼ絶対に無理だったと思います(過去に私は公務員試験もトヨタ期間工と並行して勉強しましたが無理でした)

偏差値40の底辺高卒の分際があろうことか東京消防庁1類(大卒)を目指した話

期間工の仕事をしながら勉強をすることはマジで生半可なことではない、疲れすぎて相当に厳しい
期間工の仕事をしながら勉強をすることはマジで生半可なことではない、疲れすぎて相当に厳しい

 

そのためおそらくフリーターか貯金を切り崩したニートの状態で勉強を始めていたと予想が出来ますが

もし期間工で働かずに、資格試験にすべてを費やして勉強していたと仮定したらおそらく私の貯金額は現在194万どころか100万を切っていたか、もしくは50万ぐらいだったと想像できます(期間工とは違い、実家にいるため家にお金を入れなくてはならなくなるため、さらに今だからこそできる不用品販売や転売などをするという考えすらなかったでしょうから自分自身で最低限の金を補填すらできない!

下手したら詰んでいた可能性もある
下手したら詰んでいた可能性もある

 

宅建の試験が10月、マン菅や官業が11月12月であることを考えると、2017年7月に日産追浜期間工を満了していることから、現在一年半程度ニートして資格の勉強をしていたという計算になりますから、この数字はおそらく妥当だと思います

でも私は資格が努力に対して報われないと判断して早々に資格を諦めて、期間工に行くという選択肢を取ったことにより

貯金を減らすどころか大幅に増やすことが出来ました(1回目194万→2回目376万→3回目途中561万)

もちろん現在資格を取っていれば、たとえ貯金が50万ぐらいになっていたとしてもまだマシかもしれませんが、それだってあくまでも1発で受かっていたというケースに限ります

そもそも宅建やマン菅等だってネットで言われているより実際は、はるかにはるかに難しいため、勉強しても落ちてしまうケースが余裕であります

しかも運の悪いことに、こういった使えそうな資格と言うのは、受験回数が年に1回しかないのです!

よってなまじ本気で勉強して落ちてしまったら、悔しいので、また来年も受けようみたいな感じになってしまいズルズルいってしまうことが考えられますので、資格を目指す初めの初期の初期の段階で業界自体を見定めて

本当にその資格を取ること自体が自分に必要か?

と自問自答するのはめちゃくちゃ大切なことだと思うのですよ

私はすぐに資格云々ではなく、そもそも自分がその業界に入って続けられそうか?という本質の方を重視することが出来たので、そういった無駄なサイクルに入ることがなかったので、その点では資格と言う幻想に囚われずに非常に良かったと思っています

資格を取ったらなんとかなる?安定する?のは本当か?

本当にその業界に行きたい

そしてその業界ではその資格が必須である

そしてその業界で骨をうずめるつもりで頑張る

俺にはその業界しかないんだ!

ってこのぐらいの気持ちで行くなら、資格を取ることにより安定するでしょう

仮に業界未経験でも30歳を超えていても、いや40歳を超えていたとしても、そのぐらいのバイタリティがあればどうやっても遅かれ早かれ成功するかと思います

そういったガッツあふれる人なら「資格を取ればなんとかなる」と思っても過言ではないでしょう

でも安易に、資格さえ取ればなんとかなると思って

「資格を取ること自体が目的」になってしまうのは

本当に本当に辞めたほうがいいです

何回も言っていますが、実務経験に勝るものはないのです

資格を取ろうと努力する→落ちてしまった→もう一回チャレンジして資格を取ってから就職しよう

見たいなことを考えている方が大量にいらっしゃるかと思いますが

それはただ問題を先送りにしているだけに過ぎないのです

それなら資格を所持していない状態で業界未経験ながら、その業種に突撃して実務経験を積んだ方が圧倒的にマシと言えるでしょう

実際に実務を通して学ばないと全く分からないことが多すぎますし、ペーパーテストの暗記でなんとか基準点はとれそうな資格試験とはそもそも求められるものが違いすぎるのです

資格を取ればなんとかなると思えるのは、完全にその業界で生きていく覚悟が決まった猛者か

あるいは業界未経験の若者~25歳ぐらいの人に限ることで

それ以外の甘い考えを持っている人は、資格を取っても大したリターンは得られないし

なんとかなんてならないことを認識すべきだと思っています

そもそもそんなにバイタリティを出せる30才以上だったら、正直資格に頼らなくても他の道でいくらでも成功することが出来ると思っています

資格にこだわるのは個人の勝手ですが、私の考えとしては「底辺から這い上がるのに資格を持っていることはこれっぽちも関係ない」と思っていますし、別に資格を持っていようが持っていなかろうが、大切なのは個人の考え方と意識の違いでしかないと思っているので、資格なんてあまり重要ではないと思っています

本当にその資格が大切であると思うなら

それなら時間を無駄にする前に、まずその業界に飛び込んでみて

そして実務経験を通して経験を積み、同時進行で資格の勉強をすればいいと思うんですよ!

それで十分だと思うのです(多くの人は業界に入ったことで満足して資格の勉強はしなくなるかと思いますし、そもそも働きながらの資格取得は相当に厳しいですが…)

 

でもなぜか、多くの人がその業界に入る前に「まず資格を取るという行動」をしてしまいます(私もそうでしたが)

確かにその行動の裏にある気持ちは「恐怖である」ということはわかっています

誰だって何をするかわからない業界に、何も準備もせずに行きたくはないでしょうからね

でもあいにく、それでも実務に勝るものはないのですから

覚悟を決めて、まず飛び込み経験値を詰むことが最優先事項だと思うのです

資格崇拝主義もいいですが、大切な時間とお金を使ってしまう代わりに得るものがあまりにも少なすぎると思うのです

現在、一生懸命資格試験を勉強している方にとってはこの記事は非常に耳が痛い話かとは思いますが

今一度、自分が目指す業界を見てみて、本当に自分が資格取得までに頑張ったリターンが

その資格を持って就職した後の自分にあるのか?ということを考えるべきだと思うのです

それでも意味があると思うなら、それはもう個人の自由ですので頑張ればいいですし

本質を見て、自分の愚行に気づいたならばやめればよいと私は思っています

あくまでも私の話になりますが、資格取得で無駄な労力を使うよりかは、思考停止して適当に期間工でもやって金貯めてる方がその金を使って将来的に圧倒的にメリットがあると思ったので、期待値を考えて、私はただそちらの道を選んだだけという話なのです!

ただ現在貯金額560万を超えて、同年代の正社員の貯金額すら余裕で超えている現在の私が資格について改めて考えてみても

やっぱりすでに資格などどうでもいいやみたいに考えているため

自分が選んだ道でしたが、結果的にこの道が正しかったと私は思っています

少なくても私は、以上の理由から

底辺から這い上がるのに資格を取ることは一切必要はないし関係ないと思っています!

と言うわけで私の資格に対する考えを本気でお話させていただきました!

この記事を見て、耳が痛い人が大量にいるかと思いますが、よく考えていかないと本当に「無駄に時間とお金」を消費することになってしまうため、今一度自身の資格に対してよく向きあってくださいね!

※この記事はあくまでも私個人の資格に対する見解にすぎませんので個人差があります

まあぶっちゃけ細けぇことはどーでもいいから、とにかく金貯めておけば多少失敗しようが後からいくらでもリカバリーできるから何の問題もないですがね!

期間工で給料以外の手当が多いランキング! 給料以外に入社祝い金45万満了金300万も!

日産追浜期間工給料明細永久完全保存版!

糞派遣会社に騙されるな!派遣で期間工に行く場合はマジで気をつけろ!

トヨタ期間工とデンソー期間工ならリアルに貯金1000万も夢でもなんでもない!

たった15ケ月期間工やっただけで貯金500万超えた件について!

40代の貯金額中央値まさかの25万で草wwww

半年で無能のカスでも貯金100万が余裕で出来る期間工!

仮に現時点で借金100万あっても半年で余裕で返せる期間工!

私は期間工でたった16か月働いただけで文無しから今では貯金額561万まで貯めることが出来ました

貯める過程で圧倒的に成長し、今では昔みたいに日々の生活費で悩んでいたことが嘘みたいになりました

これも寮費光熱費無料で圧倒的に手元にお金を稼げる期間工のおかげです

そして精神的にも成長したおかげで間もなく、ほっておいても貯金額だって600万を超えるでしょう

そしてこのお金を元手にしてさらに成長をしていくでしょう

マジで底辺からやり直したいと思っている人には期間工は最強だと思っています

↑期間工の応募はこちらから!↑