仮に今貯金1000万あったらあなたは一体何をしたいですか?

期間工に来る理由としては、期間工の待遇や環境が魅力的に感じ

当初はほぼすべての人がお金を貯めたいと思ってくるかと思いますが

なかなか日々の誘惑に負けてしまってお金を貯めることが出来ないというのは皆さんご存知の通りかと思います

特にわざわざ地元を離れて重労働の期間工にお金を貯めに来たにも関わらず

パチンコや散財浪費を重ねてしまい、何しに期間工に来ているのか?意味が分からない行動をとっている人を私は期間工クリチャーと呼んでいるのですが、確かにストレスに負けてしまって多少は自分を許してしまうことはあるでしょう…

でも自分次第によっては、それこそ人生を好転させ始めることが出来るぐらい大きなお金を短時間で貯めることが出来るのも期間工の大きな魅力の一つです

今回は期間工でお金を貯めたいと決断した人が、期間工でフル満了(2年11か月)した場合

どこの期間工なら1000万を貯める可能性が高いのか?ということを考えてみました

期間工2年11か月やれば本当に貯金1000万貯まるのか?
期間工2年11か月やれば本当に貯金1000万貯まるのか?

 

もちろん1000万を貯めたら人生がそれだけで変わるということはありませんが

500万を超えた現在の私ですら1000万の半分程度のお金ですが

非常に余裕を感じて生活が出来ておりますので

1000万まで貯めることが出来たと仮定するならば

今以上に限りなく今後の人生において余裕をもってプランを練ることが出来

投資や起業等、色々自分でアクションを起こす際にも非常に有利な状態でスタートができるようになるのは言うまでもないでしょう

本当に人一人の人生すら変える可能性がある

1000万とは間違いなくそのぐらいのお金だと思うのです

まず期間工の毎月の給料自体のベースを知るべし

期間工は非常に高給取りと言うイメージがありますが、実際のところを言えば入社祝い金を含んだお金や満了金支給時のお金が非常に高給なだけで、日々の給料自体はそこまで高給なのか?と言われればそうではないと思います

給料的には普通にやっていれば手取りで25万程度

残業などが多ければ手取りで30万行くか行かないかぐらいであって

別段圧倒的に高いというわけではないのです!

ではなぜ期間工が非常に高給取りみたいなイメージを持っている方が多いのかというと

期間工の最大の魅力とは、日々の生活レベルのコストを非常に落としやすいということ

これにすべてが直結していて

日々日常生活で空気を吸っているだけでお金がかかってしまう家賃や光熱費が一切かからない点

そして自分次第ですが、交遊費や被服費、雑費などのその他もろもろも自分次第でコントロールがすべて聞くという点が最も大きいところなのです

節約を突き詰めれば実に食費のみしかかからないので、一般の仕事と比べて

手元に残せる金額自体が非常に多い、そのため非常に高給であり貯金が出来るというイメージなのです

実際の給料自体は、普通のサラリーマンとそこまで大きく変わらないと思いますが、こういった特典がでかいため、普通のサラリーマンより全然手元にお金を残しやすいという寸法なのです

若いうちに負けることを覚えておけば、年取った時に大きな失敗をすることがなくなる!

仮にオール昼勤定時とかで残業休日出勤夜勤等が一切ない部署とかなら、それこそリアルに手取り14万とか全然普通にありますし、期間工に行きさえすれば自動的に貯金が出来るみたいなイメージを持っている人はとんだお門違いも甚だしく注意が必要です

期間工は給料自体は通常の仕事とそこまで大きく変わらない

ただ生活コストを非常に安くすることが出来るから、結果お金が貯まる

その生活コストを削減することは通常の仕事では極めて難しいのですが期間工なら余裕

だから何か非常に高給なイメージになっている

この点を肝に銘じておいてください

まあ結局、全ては自分の信念がものを言うのであって

期間工だから自動的にお金が貯まるということでは決してありません!

事実多くの期間工では、せいぜい月の給料自体は手取りで20~24万ぐらいが普通になるかと思います

中には手取り30万を超える期間工もあるのですが、相当な残業と休日出勤等の負荷は必要不可欠であり、そんな簡単に手取り30万を超えられると思ったら大間違いなのです

ベースとの給料自体はほぼどこの期間工も似たようなものです

期間工の毎月の給料を手取り22万として考えてみる!

配属される部署やチーム等により夜勤の有無、3交代制、残業、休日出勤とすべてが違うため

一概には言えませんが、ここでは普通に2交代制勤務を行い、残業を月に20時間ぐらいやっていて休日出勤はなしと、期間工としては極普通の勤怠であるという仮定で話を進めてみます

このぐらいの勤怠だと、大体ですが手取りで22万ぐらいになるのが期間工の相場なのですが

貯金をしようとここでは思っているわけですから

当然余計なことにお金を使ってしまうのは言語道断になるでしょう

とにかく最初は固定費の削減をするよう断捨離をしていきます

そうなると、使うものは食費だけとスマホのみみたいな形になるかと思うのですが

外食等をしないで、普通にスーパーと食堂等を利用して余計なことをしなければ

月に5万もあれば間違いなく余裕をもって生活することは十分に可能かと思います

手取り22万のうち月の生活コストを5万と考えて、毎月17万ずつは最低貯めていく

そして入社祝い金や更新協力金や満了金等の大きな手当は一切手を付けずにすべて貯金をしていく

これが期間工で貯金を増やす王道の流れになるでしょうし

私自身もこの戦法で13か月で376万を貯めた2回目の期間工までは突き進んできました

実際の期間工13か月で376万貯めたときの通帳
実際の期間工13か月で376万貯めたときの通帳

 

月5万しか使えないのかよって思ってしまう人は、厳しい言い方になりますが全く持って話になりません

5万少ないよ‥‥ではなくむしろ余裕と思わないといけません!!!

なぜなら普通にやっていれば期間工なら5万もあれば間違いなく余裕だからです

そもそも貯金をしに来ているのに、何遊ぼうとしているのですか?って感じですよ

えっ?何?パチンコ打つために期間工来たのお前?

競馬?風俗?タバコ?酒?カラオケ?おっぱぶ?キャバクラ?

めでたいよwお前wって感じですよ

根本をはき違えてはいけません!

2年11か月でできる限り貯金をして、カスから1000万貯めるために来たんだろ?

ならそんな風に考えてしまうこと自体を猛省しないといけないのです

信じられない話ですがある程度の貯金が出来たなら、もうお金が減らなくなります

ある程度貯めたことがある人なら間違いなくわかることかと思うのですが

リアルに期間工の生活費程度なら、ある程度貯金を貯めることによりマジで減らなくなります

普通に使っていても、気がついたらまた元に戻っているのです

信じられないかもしれませんが、これは事実なのです

その理由としては余剰資金を投資に回したり、私のように転売をしたりして

所持しているお金でさらにお金を作り出すことが可能になるからです

実際現在の私は上記の期間工での生活費月4万程度なら、ハピタスと転売とブログ収入だけでなんとかなってます(まあ4万も使ってないのですが…)

そのおかげで期間工の給料自体をほぼ98~99%貯金することが出来ています!

アマゾンギフト券を無料で数万円ゲットする方法!

期間工生活を快適に過ごすために底辺期間工がおススメすること!

でもこれは私のように500万以上持っているから可能になる戦法であって、もっと多くのお金を持っている人はそれこそ投資とか使えば、より楽に簡単に金を稼げるようになります

この話はガチです、持っていれば持っているだけ簡単に稼げるようになるのです

例として

FXでドル円1ポジ1万通貨ですら買いで持っていればスワップだけで月2千円ちょっとは自動的に入ってきますし(1ポジポジるのに国内FX業者なら現状4万円程度でポジれますが、ここでは証拠金維持率を考えて絶対にロスカットされないことを考慮したら現在10000通貨110万円と考えています)

月5万を生み出すならこの場合2200万ぐらいあれば、ドル円20万通貨をポジっているだけで月5万ぐらい自動的に入ってきますし(このケースは証拠金維持率2500%というFXにおいて絶対にロスカットされないという超超超安全策で考えています、仮に明日トランプが死んだり、ホワイトハウスに隕石が落ちても微動だにしないレベルです笑、まあ実際は安定証拠金維持率として500%もあれば楽勝ですので600万ぐらい口座において、ただ何もせずドル円買いで20万通貨入って放置で自動的に毎月4万~5万入ってきます)

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

もちろんドルが上がってキャピタルゲインを取れるならそのまま売れば、スワップだけではなくキャピタルゲインすら得ることが出来ます

さらには株式で考えても

1000万のうちその中の100万を使って適当な銘柄を買って上がるまで放置していれば余裕で5万程度なら取れます

実際適当に銘柄を選択してチャートの動きをよく見ていればわかるかと思いますが、1か月で5%なんて余裕で動きます

下手したら一日で普通に5%とか動く場合もありますし

買った銘柄がもっと大きく上がると自分で思うならそのまま持っていればいいし、下がれば放置

放置していても配当金があるため、それで含み損出ていても耐えればいいだけの話で(あまりにも下がってしまったら塩漬けや損切りをしなくてはなりませんが‥‥)

基本的には、圧倒的余裕があるためにいくらでも放置が出来て上がるまで待てるため、ほぼ9割以上勝てます(現物に限る、信用はやってはいけませんよ!)

このようにある程度まで貯めれば、やり方によってはお金が全く減らなくなるのです

ましては期間工の生活費程度なら、ガチで日々の変動のノイズにしか過ぎないぐらいになります

嘘だと思う人はきっとまだそこまでお金を持っていないのか?金融リテラシーが非常に低い方でしょう

持っている人は間違いなくそうやって、お金に働いてもらうことにより、働かなくてもお金を作り出しているのです!

ズルいと思ってもそれが資本主義なのですからしょうがありません、嫌なら金を持つしかありません!
ズルいと思ってもそれが資本主義なのですからしょうがありません嫌なら金貯めるしかありません

 

でもそういったことが出来るのは、すでにある程度のラインを超えることが出来た人しかできないことを認識すべきです

はき違えてはいけませんが、お金がない状態では当たり前ですがそんなことはできません

投資は魅力的なのですが、やはり元本保証がされていない以上、含み損を食らってしまっているときに耐えるための余力が必要不可欠だからです

個人の投資の腕次第では100万ぐらいでもできるかもしれませんが、達人レベルではないと基本的には100万程度では難しいと思いますのでやはり1000万ぐらいは余裕を持たせる意味で必要かと思います

ですので最初にやることは、日々の生活コストをとにかく下げて

給料が入ってきたら可能な限り手元に残して使わない!!

投資とか何ぞや?とかそういったことを考えるのは

すでにある程度のキャッシュを持ち始めて日々の生活レベルが余裕で余裕過ぎてしょうがないから余ったお金どうしようって思った時にようやく実感すればいいだけの話であって

初期の初期の段階ではとにかく支出を抑えて収入を残す!!

最初はこの戦法しかないのです、至極簡単で単純なことです、誰でもできます!

事実私もそうやってここまできましたから!

期間工2か月やった結果w90万以上貯金できてワロタw20代で貯金500万円余裕で突破
期間工2か月やった結果w90万以上貯金できてワロタw20代で貯金500万円余裕で突破

 

2年11か月で貯金1000万を目指すなら、可能な限り満了金等給料外手当が大きいところに行くしかない!

当たり前ですが、何もしなくてももらえるお金が大きければ大きいほど有利になるのは明白です

その為、貯金1000万を目指すために行かなくてはいけない期間工自体も

満了金や入社祝い金等、給料外手当が多い期間工しかないということになります

寮環境とか、周りの周辺の環境とか、そういったことはここでは考慮せず、ただひたすらにお金を貯めるという目標に向かって突き進むことを考えると

そう考えると現在だと、もう行くべき期間工はかなり絞ることはできます

結論を言うと

現時点なら個人的にトヨタかデンソーが総収入では一番ではないかと思っています

  • 理由としては完全2交代制であり、日給自体がすでに高い
  • そして各種手当が充実しすぎている
  • トヨタ期間工に関しては、ただ入るだけでその時点で45万!
  • 満了金がでかすぎる!



もちろんマツダやスバルも三菱自動車や他の期間工も考えましたが

マツダは入社祝い金が多いのと入社してすぐに有給がもらえるのは魅力的ですが、いかんせん満了金が低いのと、最初の日給が8000円スタートと言う点がネックでありそれゆえ残業で稼ぐ必要性が高いため労働時間が多くなりがちになる

スバル 現状入社祝い金が30万→現在40万に戻ったようです…になってダウンしている点と、やはりトヨタやデンソーに比べて満了金が低いのがネック、まあスバル期間工は日々の給料自体は最も安定している思うのですがね

スバル期間工が最も安定しているその理由とは?

三菱自動車も、満了金や手当自体は非常に高額ですし、食事代がかからないのはめちゃくちゃ魅力的ですが、マツダ同様、通常の時給自体が安いため、労働時間が多くなる割には手取りが25万超すのがかなり難しいと思うので、日当自体が高いトヨタに比べたらやはり多少は落ちてしまう‥‥

まあ総収入で考えたら三菱自動車期間工も十分高いと思うのですが、残業ありきでどうしても考えてしまうため、ひとまずここではパス

別途派遣でいろいろな期間工に行く場合も考えてみたのですが

日野とかスバルとか派遣経由での期間工は時給は高いですが、こういった派遣経由で期間工に来ると、満了金がなかったり入社祝い金が少なかったりして

確かに時給自体が高時給ですので最初のスタートは良いのですが直接雇用に比べて徐々に失速していき

最終的には直接雇用に抜かれてしまいます(まあ半年とかの短期間で考えるなら派遣経由でも全然良いのですが‥‥)※三菱ふそうの派遣は除く

参考記事!三菱ふそうの派遣は期間工界でも現状最強クラスの時給1800円です!さらに武蔵小杉近辺と間違いなく期間工界で最も都会でしょう!

現在期間工バブルであるため、各社高額な入社祝い金を用意してることから半年程度で離職する祝い金ハンターも考えたのですが、そもそも半年で期間工を転々とするのを2年11か月もするのは環境の変化も著しいし、工程も人間関係も全部リセットされてしまい、現実的に難しいことから、これも却下

となると、やはり現時点では2年11か月勤めて貯金を最大限効率化できるのがトヨタ期間工かデンソー期間工ではないかと思うのです



仮にトヨタ期間工を2年11か月やるケースでどのぐらい貯金できるのか考えてみる

トヨタ期間工のケースで考えてみますと

トヨタ期間工は日々の食事代が給料から天引きされます(デンソーも同じです)

そしてトヨタとデンソーの食事は期間工の中では高いことが有名で

普通に食堂で食事を摂っているだけで大体月に2万程度はかかってしまいます

さらにトヨタは労働時間の管理が徹底されていて

とにかくコスト削減を考えています

その為、働くときはきっちりと働き、オフの時は休むと切り替えが超しっかりしています

残業時間はトヨタ期間工は期間工の中では少なめですので、トヨタ期間工だからといって

日々の給料が同業他社より圧倒的に多いと思ったら大きな間違いです

ぶっちゃけ月の給料自体は他の期間工とあんまり変わらないのが事実です

もちろん直接雇用の中でトヨタ期間工の日給はスタート時点で高いため

労働時間のトータルで考えたら他の期間工各社よりも少なめで、ある程度の金額自体まで行けるというのは間違いありません

ですが、労働時間のトータルが少ないということは、裏を返せば残業時間や休日出勤の時間外手当が少ないということ、その分を考慮したら、手当自体を除いた月給総額で考えたらトヨタ期間工だからと言って高給になるわけではないのです

ではなぜ、トヨタ期間工が貯金最大効率化できるのか?

それはやはり、入社祝い金等のブーストと超高額の満了金制度に他ならないからです

やはりトヨタ期間工やデンソーの300万以上の満了金は圧倒的に魅力がある!

トヨタ期間工とデンソーを2年11か月やった場合、満了金の支給総額は300万を超えます

トヨタ期間工の300万以上の満了金はやはり魅力
トヨタ期間工の満了金

 

デンソー期間工の満了金も300万以上!
デンソー期間工の満了金も300万以上!

 

これって、日々の給料を全額使っていたと仮定しても

満了金をそのまま貯金しているだけで300万はあるということですから

やっぱりすごいと思うのですよ…

これに付随して、トヨタ期間工では現在入社祝い金で45万支給

デンソーの方でも6か月在籍しているだけでその都度5万くれるため

さらに貯金を加速させることができます



リアルに2年11か月で貯金1000万貯めるのは夢でもなんでもない!

上記の例で私が期間工は月5万でも余裕で生活ができるとお話していますが

このケースでトヨタ期間工で考えてみたら

月の給料が手取りで22万だと仮定して月5万で生活するとすると

月々17万ずつ貯めることが出来ます

2年11か月やることを考えると

17万×35=595万

さらに入社祝い金関係で45万

満了金が306万で

それだけで946万になりますw

デンソーの方で考えてみても

デンソーは入社祝い金がありませんが

それでもその分を6か月在籍手当で補填できると考えると

手取り22万(生活費5万と仮定し)毎月17万貯金

17万×35で595万

6か月在籍手当で30万(最後の契約が5か月になりますが、ここはどう計算されるのかな?)

満了金300万と

これだけで925万になります(ちなみにデンソーの場合寮費として月7000円取られてしまいますが、それでも2年11か月で900万は見込めるでしょう)

トヨタにしてもデンソーにしても、普通に節約を心掛けて貯金する意思をもっていれば

2年11か月で頑張れば900万以上は貯めることが出来る!!!

なおかつ手取り22万換算でこれですので、残業や休日出勤が多い部署に行けば

当たり前だがさらにそれが加速する

よって2年11か月で1000万貯めるということも

決して夢物語でもなんでもないと思うのですね‥‥

少なくても今の私のマインドでしたら余裕だと思っています

経験も能力もない、人生終わっているような人でも

2年11か月で一気に1000万の貯金をもくろむなら

この戦法しかないと私は思うのですよ

1000万貯金が出来たら、その後の人生が一気に楽になることは私を見ていればわかるでしょう

現在の私ですら535万です、すでに気持ち自体は非常に楽になっています

期間工での生活費ごときはもはやノイズに過ぎないぐらいになっています

なおかつそれが1000万なのですから、もうウルトラ余裕としか言いようがありません

貯金が1000万あるというだけで余裕がある
貯金が1000万あるというだけで余裕がある

 

やることは、2年11か月ひたすらマシーンと化して一生懸命働くこと、ただこれのみですw

考えてみてください!

そこらの底辺薄給労働は、いちいちいろいろとめんどくさいしきたりとか覚えることがあるでしょう

営業職とかならクライアントとの接待や無意味にひきつった笑顔で嫌な気持ちであっても相手を立てないといけないから、頑張っておべっかしたり

さらに実現達成不可能なノルマでハゲ散らかすとか上司に詰められて吐き気をもよおすとかw

また接客業なら、うざい客や、酔っ払いの相手、お客様は神様(笑)とかいろいろありますよね?

それを耐えた矢先にもらえる金が、期間工以下とか普通にありますよね?

底辺期間工ごときの給料すら超えられない底辺薄給正社員
底辺期間工ごときの給料すら超えられない底辺薄給正社員

 

ところがどっこい!

期間工ではやることは、その目の前のものを相手にした超単純作業のみです

やることやっていれば誰にも怒られませんし、決まった分の金は絶対に入ってきますし

サービス残業とかそんなのあり得ませんw働けば働いたほど給料は増えます

これで2年11か月で貯金1000万が出来る可能性があるって、底辺救済処置としてはマジ半端ねぇって思うんですよ!

まあそこらの底辺正社員の社畜の場合でも一生懸命働くのは同じかと思いますが

一つ言わせてください!

これだけは間違いなく断言できるでしょう!

トヨタ期間工やデンソー等の期間工とは違い、絶対にそこらの底辺正社員では

2年11か月で貯金1000万にするなんてことは「絶対に不可能」ですが

それがトヨタ期間工やデンソー期間工ならマジで可能であるかもしれない!

これってめちゃくちゃ希望があると思うのです

書いていて、自分でも震えてきますが、改めて期間工ってスゲーなって思いますわ

仮に私が今やっている期間工を終えた後さらに2年11か月フル満了を狙うなら

31歳で貯金額だけで投資とか一切しないでも1600万を超えるということですからw(正社員歴すらない元底辺ニートなのにw)

仮に、ここまで持ってこれれば、もはやウルトラ楽勝になります、もはや非正規とか関係ない次元でしょう(正規より圧倒的に持っているw)

もちろんトヨタ期間工やデンソー期間工の例で話してますが

その他の期間工でもフル満了すればそれに近い金額を稼ぐことが出来る期間工は普通にあります

でも日々の日給や満了金の金額自体を考慮すると、最も1000万貯金が目指せる可能性が高い期間工はやはりトヨタ期間工かデンソー期間工ではないかと思うのです



敗者復活戦が出来る期間工というシステム自体を知った時点ですでに勝っている!

世の中では、就職に失敗したり、一度勤めた会社を短期間で辞めてしまったり、ブラック企業に勤めてしまって精神的に病んでしまい退職とかした人を、負け組とか根性なしとか卑下してくる風潮がありますが

期間工というシステムを知って、そしてひたすらお金を貯めていく過程で、正直もうそんなことはどうでもよいと思いました

だって勉強すればするほど、マジでこの世の中はお金の有無でどうにでもなってしまうから

私もこの真実を認識してから、もう正社員でなくてはならないといった強迫観念は一切なくなり

まずはお金をとにかく貯めてから、そこからはいろいろと自分で初めてみようと思いました

そんなに頑張ってお金を貯めてどうするのか?とかそういった外野の声は一切無視で結構です

どうせそんなことを言ってくる奴はたいして持ってないですからw

お金が貯まったらいいなあ、ではなく、実際に貯める、そして貯まってから考えればいいのです

なぜなら、すでに貯まっている以上、もはや日々の生活は余裕ですので時間的余裕が圧倒的すぐるほど生まれます

その有り余る時間を使ってゆっくりと今後について考えばいいだけのことなのです

就職してよい会社に入りそこに働き、定年まで頑張る

道を外れてしまったら一転して負け組w

というのは、みんなが持っている共通認識ですが

別にその既定のルートを行かなくても、お金さえあればいくらでも裏道からショートカットすることが可能であるということ

いくらでも挽回が出来るということ

そしてその方法が私のような底辺スペックでは期間工であることが最も可能性が高く効率が良いということ

そしてそれを信じて突き進んだ結果、28歳にして上位2割には確実に入ってくる貯金535万を現時点で持っているということ!

結果、スペック的には現時点でも底辺なことには変わりないが、金という余裕があるため多少のことでは全く動じなくなったこと

全てがただお金を貯めているという単純すぎることなのですが、完全に行動自体が自分の中で腑に落ちているのです

事実たくさんの人が期間工ブログをやっていますが、その結構の人たちが見てわかる通り貯金1000万を超えています

私の貯金なんてむしろ少ない方ですw

そしてみんなその期間工で貯めたお金を使って期間工を卒業し自由にやっています(ほぼ起業したり投資関係に進んでいますが)

みんなその貯めていく過程で気がつくのでしょう

あれ?なんか人生案外余裕じゃね?ってw

みんなにいつの間にか無意識に植え付けられていた、一生懸命底辺正社員やらなくてはいけないという共通観念が間違っていたということに!

確かに一度負け組や人生どうすればいいんだ?って道を見失ったものにしか

期間工をやってみようという気持ち自体にならないことに間違いありませんが

その期間工と言う敗者復活戦のシステムを知った時点で、その瞬間勝ったと言っても過言ではないのかもしれませんね

少なくても私自身は期間工というシステムに助けられましたから…

仮に期間工というシステム自体なかったと仮定したら、いまだに28歳で文無しの底辺だったと思いますから、焦ってブラック企業に入って飼い殺しをされていたことでしょう‥‥考えただけで恐ろしいですわ

期間工を2年11か月やるというのははっきり言ってキツイ!だが耐えた先には明るい未来が待っている!

ただでさえ、仕事がツラいと言われる期間工を2年11か月やるのはツラいと思います

ちょっと考えれば1000万貯めるまでがきつくないわけがないでしょうw

楽だったら私は永久に期間工やってますわw

でもそれを耐えた先にあるものは、そのきつかった労働と同じかそれ以上のものがあります

見返りは確実にあるのです

金は貯めれば貯めるほど、その金額に見合ったマインドに自分を導いてくれます

1000万を貯める過程で間違いなく、色々なことに気がつくでしょう

ただ1000万を貯めるということもそれはそれでいいのですが

そうした貯金額が増えていくにしたがって自分自身が感じる「気づき」というものもめちゃくちゃ大切なことなのです

貯金1000万と聞くと、持ってない人からしたら天文学的数字に感じるかもしれませんが

しっかりとした意志と信念を持てば、2年11か月で貯金1000万と言うのは夢物語でもなんでもなく十分達成可能圏内です

実際すでに私にも貯金1000万への道筋はもう見えてますしね!

この記事が、期間工で人生を変えたいと思っている人たちに力を与えてくれれば幸いです

寮費光熱費無料!満了金数百万以上!

↑圧倒的に貯金が加速する!期間工の応募はこちらから↑