こんにちは、タテヤマです

期間工をやりたいなら絶対に最初に見て!超お得!半年間の手当のみで100万以上!手当が厚い期間工ランキング!

突然ですが、期間工と聞くと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?

一般的なイメージとしては、負け組、だらしがない、何のスキルもつかない、良い年をして何をやっているの?底辺労働、カイジの地下、奴隷‥‥

などの負のイメージを持つ人が大多数だと思います

世間の大衆が思い描くイメージ通り、確かに期間工のイメージと言うのは良くないというのは私も認めております

実際に、だらしない適当な期間工の人はたくさんいますし、給料をもらっても、それをパチンコや散財浪費に充ててしまい、一体何のために期間工に来たのか?わからないような人も一定数いることは事実です

が!!そんな方でも仕事さえできてしまえば、何も文句を言われない…それが期間工の世界なのです

参考記事、同僚にいたパチンカス派遣期間工の話

ギャンブルや風俗等の浪費をしている限り底辺から抜け出すことは絶対にできない!

期間工の世界では、極論、屑でもラインを円滑に回せて、仕事さえできれば成立してしまう世界なのですw

企業しては品質ときちんと生産ができていれば一向にかまいませんからね

でもそんな、有象無象の中にも、超しっかりとしていてまともな考えを持つ期間工も少ないながらいることはいるのです

今日は私が実際に期間工に行ったときに、実際に存在し、こんな人も期間工で存在するんだな…って思った人のことを話したいと思います

ズバリ、期間工の世界でも格差社会、玉石混淆であり超しっかりしている人も少ないながらも存在しているという話です

・底辺の癖になぜかプライドだけは高い期間工

期間工でよくあることとして、期間工は平気で嘘をつくということがあります

それは、タテヤマが体験した例としては俺は本当は資産が25億あるけど、あえて暇つぶしのために期間工に来ているんだ!とか(日産追浜時代のSさん49歳)

家賃収入が月250万ぐらいあるけど~本当の俺は、ここにいるべきではない人間~みたいなことを言っている寂しいおっさんが本当にいるのです(いすゞ藤沢時代のOさん42歳)

一見すると、すぐに嘘だとわかるのですが、本人はその嘘がバレないと思っているのか知りませんが、必死でちっぽけな自分を大きく見せたいのかわかりませんが、その小さなプライドを守るために、滑稽な嘘をついてくるというパターンが得てしてあります

リアルな話、マジで実際25億資産があれば、自分だったら、その中のたった1億円を配当現在6%以上の日産株にでもぶち込んでいけば、余裕で期間工の年収を配当金のみでもらえることが出来ますしw

日産自動車2018年12月21日 株価
日産自動車2018年12月21日 株価
日産自動車 配当利回り
日産自動車 配当利回り 1株当たり57円

1億÷883円=約113250株

57×113250=6455250円

株の税金は20%だから

6455250円×0.8=5164200円(手取り)

1億で日産株を買うだけで配当のみで期間工のフル残業以上の年収を余裕で上回る事実!

仮に不動産所得が月250万あるのなら、自分だったら、さらにその不動産所得でさらに不動産を買い付け、さらに資産を作りますw

そして絶対に期間工なんて死んでもやりませんし!

そもそもそれほどの資産がありながら期間工やっている時間と労力が無駄ですので、いかに自分の持つ資産を使って、さらに利益を生み出すシステムを考える方に全力を尽くします

でも、それは私の考えであって、本人ではないため、私ではわかりかねない部分なのですが

そんなに資産があるにも関わらず、なぜ?期間工に来ているのか、どういった頭の構造をしているのか?一度頭の中を覗き込んでみたいものですがw

まあ論ずることなくハッタリでしょう…

こういったことを聞くたびに、自分は思うのですが、なぜ同じお金を稼ぎたいと思って期間工に来ている底辺仲間だというのに

なぜかその底辺同士の中で、優劣をつけたがり、人よりマウントをとろうとして愚かなことを言っている期間工がたくさんいるのが不思議でなりません

そんなことをやって、底辺の中でマウントをとったところで実際の自分が優れた存在になれるわけでもないのに‥‥

でもそんなカオスな期間工の世界でも、ほんの一握りですが

本当にすごい人やしっかりしている人が実際にいるのが面白いところなのです

私が実際に会った中でハッタリでもなんでもなく、マジで超しっかりしていて、なぜこんな人が期間工をやっているのか?謎であった人の話をします

・30代のうちに億り人になることを目標としていた30歳の期間工の話

彼は(仮名Vさん)、億り人になることを目標としていた30歳の期間工の方です

日産追浜を満了し、タテヤマがこのブログで2回目の派遣の期間工に行ったときに出会った人です

Vさんは私が実際に期間工で会った中で、唯一ハッタリでもなんでもなくガチな人でした

億り人という単語が聞きなれない人のために解説をいたしますが

簡単に言えば、金融資産(貯蓄、有価証券等含め)が一億円以上の人のことを言います

Vさんは、自分の工程の近くの人だったのですが、部署自体は違う方でした、でも休憩所が合同であったためよく一緒になり話をしていた人でした

私とは年齢が近い分、親しみやすくいろいろなことを話したのですが

特にお金のことについて、よく私と話をしました

今でこそ、底辺の考えを完全に捨て去ることが出来た私ですが

実際のところ、私のお金についての考えはVさんの影響をものすごく受けています

事実お金に関しては、私の師匠ともいえるレベルの人です

今まで底辺界隈の人ばかりと付き合ってきた私にとって、自分よりステージが上であると明らかに認識できる人でした

普通、お金についての話は人とはするべきことではなく、むしろお金の話をリアルでしようものなら、卑しいやつだ!みたいな考えが世の中に反映している風潮がありますが

Vさんはそういった考えを全く持っておらず、むしろ率先してお金の話をしてきて、純粋にお金をより稼ぐためにはどうしたいいのか?よく考えていて、底辺から抜け出すためにはどうしたらよいのか考えていた自分とは非常に気が合いました

自分も当時必死に貯金を頑張っていましたから、きっと似たもの同士だろうと今振り返ってみれば納得できます‥

ちなみに気になる方、いらっしゃるかと思いますが

Vさんの貯金額は30歳でなんと1500万以上でした

元底辺期間工が語る期間工のメリットとは

嘘かと思うかもしれませんが、これは本当の話で

Vさんは期間工の労働の他にも、投資もやっていました

年齢の割に貯金額が非常に多いので

普通に投資で勝ったのか?って私は思っていたのですが

話を聞くとVさんは投資では勝っていませんでした

むしろ総額で数百万ぐらい負けているそうです

それがなかったら2000万近くあったようですが

でもそれでも投資をやるのは、

給料等の所得を頼りにしている労働者の思考を捨てない限り、絶対に30代や40代の若いうちに億り人になることはできないからだ!

と言っていました

・給料所得だけでは自己の階級を大きく飛び越すことはできない!

Vさんが言っていたのは、純粋に働くだけでも、真面目に働いてさえいれば

人並みの生活はできる

できるが!!!!

給料収入のみを頼りにしているようでは自分が今いる階級からさらに上の階級に行くなど、大きく抜け出すことは絶対にできない!!!!!

と言っていました

まず、労働だけの収入では限界があり、その収入自体が自分の今属しているグループの周りの基準の賃金水準から大きく抜け出すことはできない風に決められているということ

たとえ、一般的に給料等が高いと称されている医者や弁護士等の優れた職業についていようが学校や資格取得に時間や費用もかかることながら

それらの条件を満たした後も、全て軌道に乗せるまでに時間がかかり、せっかく軌道に乗せたとしても、それすらも一生安泰ですらないということ

仮に一般的な優良企業や公務員的によくある、退職金等をあてにしていたとしても、そもそも現在の不安定の世の中では、会社そのものが30年後40年後先も機能しているかどうか微妙な点があり、退職金等も正直あてにはできないということ

そもそも世の中は給料所得で稼げば稼ぐほど、給料所得の年収が高ければ高いほど累進課税で大きく税金で取られてしまうこと等、労働者にとって稼げば稼ぐほど不利なシステムになっている等いろいろなことを教えてもらいました

相対的底辺を抜けるためには確実に上位1割以上に行っていないと底辺を抜けたという実感がない

お金持ちに有利なようにすべての世の中のシステムが作られている仕組みを理解し、貧乏人がその状況を打破するためにはどうしたら良いのか考えること

そして、その中で唯一、貧乏人でも一気に階級を上げる可能性が非常に高い方法として投資があるとVさんは言っていました

その理由は給料所得での累進課税での最高税率は45%なのに対し

投資での税率はわずか20%でしかないということ

たとえ数千万稼ごうが、税率は給料所得とは違い一律であるということ

だから自分はたとえ、何回失敗しようが投資を辞めることは絶対にしないとVさんは言っていたのです

それが底辺が労働者の階級から抜け出して30代のうちに億り人になる方法として「起業」を除けば唯一の方法だからと…

Vさんの話を聞いて、私は完全に同意せざるを得ませんでした

的を得すぎているのです…

期間工の給料以外の手当がすごすぎてもはや笑うしかない件について

多くの人が勘違いしていますが

たくさん残業してより給料を得られればよいことは良いのですが

そもそもその残業代が出なかったらどうするのです?

会社が突然残業しても残業代出さないよって決めたらどうするのです?

自分の給料は労働している会社に裁量をすべて委ねられているのです

そもそも、根本を考えてみても、毎月仮に給料を手取りで30万もらったところで

そこから生活費を差し引いて頑張って月20万貯金したところで

年間240万しか増やすことが出来ません

まあ通常、毎月20万を貯金することすら至難の業かと思いますが、この点は話の流れ上突っ込みはなしでお願いしますね…

労働者でいられるのはせいぜい20歳から60歳までと考えてせいぜい40年程度でしょう

仮に40年間この生活をつづけたところで240万×40=9600万にしかならないのです

40年一生懸命貯金してせっせと働き続けても億り人に60歳を過ぎても、なること自体ができないのです

そもそも60歳になって億持っていても、後は老後を悠々自適に過ごすことぐらいしかできないでしょうし、楽しい20代や30代にお金を使っていろいろな経験ができない以上、ものすごい機会損失になるでしょう‥‥

老人になってお金を持っていてもそもそも使えないし、使う気力も失われていることがほとんどでしょうから、30代、40代と比較的に若いうちにキャッシュをたくさん持っていないと全く持って意味がないのです!

失業保険すぐにもらえなくて人生詰んだ期間工

さらに人生とは不測の事態やイベントが常に起こりうるため

突発的に病気やケガなので働けなくなるリスクだって大いにある以上

計算どうりに行かず、さらに目減りしてしまうでしょうし

結婚、子供、車、住宅ローン等も、のしかかってくる以上

ぶっちゃけまともに貯金するだけでもキツイと言うのが正直なところではないでしょうか‥‥

世の中のお父さん世代を見ていると、貯金なんてできないし、毎日クタクタな人ばかりなのが、その証明かと思います

そういったことを考慮すると労働して給料だけに頼っているだけでは

そもそも絶対に自分の階級を上げることなんてできず、一生労働者で終わってしまうというのがVさんの話を聞いていてわかってしまったのです…

・なぜ30歳で貯金が1500万以上もありながら期間工やっているの?

Vさんで一つ疑問な点がありました

それはなぜ30歳で貯金が1500万以上もあるにも関わらず期間工をやっているのか?という点です

私が仮に30歳で1500万もあったら、そもそも期間工で働いてませんし、金を持っていることにより生まれた時間を使って間違いなく自分で事業をやろうと志します

でもVさんは、それをしようとはしませんでした

聞けば、Vさんは大卒で正社員でバリバリと5年間働いて27歳の時に貯金額が1000万を超えたそうです

貯金1000万を超えるまではがむしゃらに働いていたそうですが

いざ、その目標を達成してしまったら目標を失ってしまい

自分はそもそもなぜ働いているのだろうと疑問に思ってしまい

自分の上司等を見て、自分よりはるかに高い給料をもらっているであろうにも関わらず、全く楽しそうに見えず、ストレスを抱え込み老け込み疲れこんでしまっている上司連中を見て、むしろ不幸に見えてしまったそうで

このままいけば将来自分もあんな風になるのか…って考えてしまい

働いてお金を稼ぐだけではなく、もっと自分らしく楽しく生きることが正解なのではないかと思い、正社員で働くことを辞めたそうなのです

1000万の貯金を27歳で持っていたこともあり、精神的には非常に楽になったようで、もう正社員にはこだわりはなく

そこから契約社員や派遣等で点々としていたらたまたま期間工と言うものを見つけて、衣食住保証で働けるシステムにひかれて期間工になったそうなのです

その最中に、投資に興味を持って、いろいろと勉強していたらこうなったと言っていました

その際に、期間工で稼いだお金と自分がすでに持っている1000万を突っ込んで

労働収入で得た500万を合算した、合計1500万ぐらいを株で運用していたら、毎日余裕で50万~100万ぐらい資産が変動するようになり、怖くなってしまったと言っていました

ちなみに期間工で稼げる日給は日勤で定時だとせいぜい1万円です

でも株では毎日のように満了金以上のレベルが変動し

最大で含み損が350万以上行ったそうなのですが

毎日の変動額がでかすぎて、これ以上は仕事の最中もチャートが気になってしまって吐き気を催してしまったり体調不良になってしまいしょうがないため

精神的に安定するためにも一度損切りをして、また一からやりなおすという意味でまた失った軍資金を貯める必要があると言っていました

期間工では2時間仕事をしたら10分程度の休憩があるのですが

2時間仕事して2500円稼いでいるうちに株で50万以上負けてるとか普通だったそうですw(ヤベェ…)

曰く、近いうちに相場の大暴落が来ると思うから、その時のために資金を温存しているらしいのです

正社員にはもうこだわりがないし、そもそも労働では億り人にはなれない以上

適当に働いていればよいと思って期間工をやりつつ、貯金しながらチャンスを待っていると言っていました

正社員時代とは違い、今の生活は肉体的にはキツイが全く持ってストレスがなく気に入っているらしく、「さっさとリーマンショックが起きて暴落こいや!」って笑って言っていましたw

期間工が不況でクビになったところで、金は持っているのだから投資なり自分で事業なり起こせばいいから、今のうちに稼げるうちに適当に稼いでおけばよい、昔と違い、今の気楽な立場が最高だと言っていました…

この人にとっては、どこで働くのか?どこから給料をもらうのかなんてどうでもよく、給料なんてものは、ただの薬草やエリクサー的な回復アイテムみたいな感じにしか思ってないのでしょう

めちゃくちゃ楽しそうに話すVさんを見ていると、私も働く意味についてとかお金とは…って以前よりさらに考えるようになり、彼との出会いは私の中でかなり大きな分岐点の一つであったと思います

それと同時に、初めて期間工で、本気で尊敬できる人に会った気がしました

方や屑だらけの期間工の中にも、こんな風にしっかりと自分の人生を見つめて本質をついている人もいるんだと関心しましたし、非常に勉強することが出来たからです

糞な人と付き合うと、負のオーラに引きずりこまれますが

尊敬できる人と話すと、正のオーラに包まれる…そして無意識ながら精神が良い方に引っ張られる

付き合う人は選んだ方が良いとは聞きますが、まさにこれを実感することが出来ました

・貯金1000万とは一体どんな世界なのか‥‥?

私は今27歳ですが、正直現時点の私では1000万の世界は想像ができません、Vさんは現在の私と同じ27歳で1000万を超えたそうですが、私には無理でした‥‥

でも今の私でも30歳までに1000万ならなんとか行けるかもしれません

とりあえず30までの目標の一つとして貯金1000万と言うのは考えておくことにしますw

正直400万ですら、過去の自分をおもえば、自分の中ではかなりやってやった感がありまして

事実400万程度で余裕をぶっこいてニートしているぐらいですので、Vさんと同じ1500万となると

一体どんな感じなのでしょうか‥‥

そこまで行くと、今とは全く違う感じ方になっているのでしょうかねぇ?

全く想像ができませんが、とりあえず一歩一歩前進していくしかないですね

いずれ達成できれば、その時にわかるでしょう!

Vさんは投資で億り人を目指すそうですが、私は投資の他にも起業というものを

頭の片隅に入れているので、どっちでもいいのでうまくいけばいいなぁ

しかし、期間工でも格差というのは非常にあるというのがわかりました

期間工ブログとかやっているブロガーの人で1000万以上貯金がある人が結構いるようですが、持ってる人は本当に持っているし、持ってない人はとことん持ってませんしね…

多くは屑であることが多い期間工ですが、中には本当にすごい人もわずかだがいることはいるのです

借金を返すため、家庭を持ち家族を養う、タテヤマのように底辺から這い上がるために貯金を全力で頑張るなど、期間工に来る理由は人それぞれですが

Vさんのようにこういった形で期間工に来るというのも、非常に良い方法だと思いましたね‥‥何せ、期間工は寮費光熱費共に無料ですから生活費がかからない以上、投資をするにも種銭稼ぎとしても最高だと思いますから!

今回は私が実際に期間工であった、30歳で貯金1500万以上持っていて億り人を目指すVさんの話を例にしてお話をさせていただきました

見てくれてありがとうございました!

期間工をやりたいなら絶対に最初に見て!超お得!半年間の手当のみで100万以上!手当が厚い期間工ランキング!

タテヤマを見ればわかると思うが、とにかく貯金がしたいなら期間工がおススメだ!満了金や皆勤手当て、入社祝い金そして寮費光熱費無料と貯金をするならまさに最強の環境なのが期間工という働き方なのだ

私は事実、おそらくもう二度とそこらのアルバイトをすることはないでしょう

効率が違いすぎるし、そこらのバイトでチマチマやってるなら、さっさと覚悟を決めて行った方が圧倒的にショートカットできることを知っているからです

自分自身の強靭な意志さえあれば1年間で貯金を300万貯めることだって可能!

現にタテヤマも期間工で13か月で376万以上貯めました!

現在では期間工で貯めたお金を元手にして、いろいろ勉強し

さらに知識をつけて将来に向けて成功できるように頑張っています

これも頑張って期間工で貯めた元手があったからこそです

元手があるというのは非常に有利であり

手元に生活に全く困らないお金があるというのが

精神的にも非常に強力な安定剤になります

私が過去に日雇い派遣で苦しんでいたように

バイトで毎月生きているだけで精一杯みたいな状態では精神的に満たされることも100%ありません

まず最底限度の金を貯めて精神を安定させてから、すべてが始まるのです

貯めようと意志があれば絶対にお金が貯まるのが期間工なのです!

すべては自分次第、あなたも期間工で頑張って行動するための…色々とチャレンジするためのタネ銭となる貯金を増やし、まず安心を手にいれてその上で人生を好転させてみないか?

↓寮費光熱費無料たった半年で100万円以上の貯金は当たり前、期間工の応募はこちらから!↓