こんにちはタテヤマです

本日の記事は私がネットでまとめサイトを見ていたら

ふと気になった記事がありまして

その解説記事を書こうと思いました

ズバリその記事の名前は

フリーターと期間工の差がやばすぎると話題にw

という記事なのですが

(気になった人は検索してみてね、大量にまとめサイトでミラーされていますから速攻見つかります)

なぜ働いているのにお金がないのか?その根本を考えることが大切だ
なぜ働いているのにお金がないのか?その根本を考えることが大切だ

もう2年以上前の記事なのですが

この記事の元になった2ちゃんのスレ主は

一部かなり脚色して書いておりまして、トヨタの期間工をステマしてまして

おそらく期間工に実際には行ってないと想像できてしまうため

実際トヨタ期間工の経験もあり

他の期間工もやっている私が真実を語り、実際にフリーターと期間工の差を超わかりやすく誰でもわかるように解説していきたいと思います

これを見たら、いかにそこらのアルバイトをしてお金を貯めようと考えているのが、時間の無駄なのかがはっきりとわかるかと思います

バイトの薄給ぶりに切れるもこっち
フリーターの安すぎる給料にブチ切れる某喪女さん

過去に似たような記事を私が書いておりますので、それも見てより理解を深めていただければなと思います

↓参考記事↓

ニートや引きこもりや無職だからこそ期間工に行け!元ひきこもりが語る

期間工スパイラルで期間工以外のアルバイトが一切できなくなった件について、アルバイトするぐらいなら期間工に行く!

フリーターと期間工の差がやばすぎる件について!

 

ではスレ主の言い分を元に解説していきます

画像1 フリーターの場合

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

画像2 期間工の場合

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

まず画像2の期間工の方ですが

この時点で全く持って間違ってます

 

満了金が分割でもらえるという設定で46万となってますが

それを除いても毎月40万を総支給でもらっているという設定になってます

が!!!!

ぶっちゃけこんなにもらえる期間工はそれこそ、かなり地獄の勤怠を耐えきらないといけないと思いますし、あり得ない勤怠を耐えきった果てに見える収入ですので、通常ではここまでもらえないかと思います

 

まあ高額の満了金や2018年現在の期間工バブルの高額の入社祝い金を考慮すれば、ギリギリ到達できるかもしれませんが、通常ではほぼ無理かと思います

↑期間工バブルの現在!

そもそも…根本のこのスレ自体が2016年出来たスレであるため

この当時は、今のような好待遇の期間工は非常に少なかったというか…そもそもなかったためw

この時点でこの人は期間工にはおそらく行ってないだろうな…ということが予想できます

この2016年時点でこの待遇は普通に考えてあり得ないからですw

また画像1のフリーターの方も大まかにはあってますが、一部おかしいとも言えます

ネットで検索するとわかりますが

フリーターの平均年収は150万程度と一説には言われており(一部では106万とも言われています)

月収に直すと、12万前後が平均的なのかと思います

月収12万と言えば、コンビニバイトの夜勤で言えば、主要都市のコンビニ夜勤の大体週3~4日ぐらいでそのぐらい行く計算になります

もちろん、これはすべてのフリーターの平均値になるため

稼いでいる人は月に20万とか30万とか稼いでいるでしょうが

そういった人が平均値を上げているため、実際の中央値で考えたら

月収12万どころか下手したらもっと下になるかもしれません

そういった稼いでいる一部の人は確かに社会保険とか入っているでしょうが

よく考えてみると、月収12万レベルの人が全員社会保険とかそういったものに入っているとは普通に考えてとても思えません

おそらく多くは一つのバイト先で多く稼がないように、掛け持ちして、見せかけ上の月の収入をそこまで行かないように抑えているのか(一つのバイト先で8万と4万とかに抑えているか)、はたまた稼いでいるけど申告してないだけなのか?って感じかと思います

フリーターで一人暮らしをするなら、カツカツな生活になるのは火を見るより明らかでしょう

今回は時給800円で計算をされていますが、ぶっちゃけ時給800円でフリーターでフルタイム勤務をする理由がわかりませんが、そこを考慮したら話が進まなくなってしまうため、ここではそこは目をつむり計算をしてみます

その場合時給800円で1日8時間労働にすると

800円×8=6400円

1か月20日~23日勤務になるでしょうから

ここでは同じ22日勤務を選択し

6400円×22=140800円

このスレ主は隔週で夜勤を行うと書いてますが

基本的にアルバイトはシフト制であり、まあコンビニとか飲食店で夜勤があるでしょうが

基本的にはコンビニとか飲食店でバイトの経験がある方はわかるかと思いますが夜勤の方はほぼ夜勤固定となりますし、日勤の方は日勤固定になるかと思います

中には準夜勤と言われるシフトもありますが(22時~2時とかね、コンビニとか飲食店でバイト経験がある人は100%わかると思います、タウンワークとかの募集のシフトとか見てみてね!)

通常は隔週で夜勤というのはあまりないケースかと思います

そもそもそんな風に、日勤や夜勤や準夜勤をランダムにシフトに入れる理由がありません、職場で迷惑になりますw

 

だからこれは実はフリーターではなく、実はどこかの工場派遣のパターンなのではないか?ということも考えました笑

なぜなら隔週で夜勤でなおかつ月の労働が22日ということは

日日日日日休休

夜夜夜夜夜休休

日日日日日休休

夜夜夜夜夜休休

日日・・・・・

って工場系の派遣なら普通に違和感なく、このようなシフトになるからです

飲食店系の通常のバイトでは絶対にこのようなシフトにならないでしょう

だから、実はこれはフリーターにカモフラージュをした

そこらの底辺製造派遣社員のケースをスレ主は言いたかったのかもしれません笑

 

ですのでここからは、上記のパターンであると想定して話を進めていきますね

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

あと上記を見ると、深夜手当1万と記載されているのですが、これ少ないですよね?

なぜなら、時給800円でも月の10日も8時間労働で夜勤すれば

本来22時~5時まで休憩時間を1時間と考慮しても6時間分の深夜手当が付くため

一日当たりの深夜手当は(800円×0,25)×6時間で1200円つきます

10日やれば12000円になりますし、12日やれば14400円になります

だからこの10000円というのはどこから来たのか、意味が分からないですね…

夜勤が20時~5時と私はかってに解釈をしてますが、実は19時~4時なのかもしれません

そうしたら夜勤10日勤務で深夜手当が10000円になるのですが…

まあ細かいことは考えないで先に進みましょうか!

実際にフリーターの各種項目の控除を考えていきましょう

一人暮らしのケースを想定すると

家賃が40000円…まあこれは想定どうりでしょう

通信光熱費25000円??←高すぎませんか?

食費20000円← これは私の中では少ないかと思います、余裕かと思える人はいるかと思いますが、私は20000円では苦しいです

雑費20000円← これは高すぎますね‥‥

社保年金税金35000円←この所得的に考えると、明らかに高いですね

社会保険に加入しているということは、当然厚生年金と健康保険に加入しているため、本来フリーターが払うであろう、国民健康保険と国民年金は払わなくてすみます

そして社会保険は会社が半分折半して支払ってくれますので

フリーターでいるよりかは、前年度の所得に応じてですが、基本的には払う金額的には抑えられますね

この設定の場合、住民税(市民税)が気になりますが

仮に住民税(市民税)を考慮すれば、この所得で

厚生年金+社会保険+住民税+所得税で35000円ならまだあり得ますが

住民税なしで考慮したら間違いなくこの所得での35000円の控除は高いです

まあ突っ込みは考えないで、そのまま計算していきますと

140800円(なんか画像には142000と書いてありますが、これスレ主の方の計算が間違ってますw)+夜勤手当12000(これも10000と書いてますが間違えてます)

-(家賃40000円-光熱費通信費25000円-食費20000円-雑費20000円-各種税金35000円)で

残ったのはわずか12800円となりましたw

時給800円でフルタイムで一人暮らしでこんな生活をしていると仮定をしたら

一か月に貯金できる金額は12800円ということに!

このスレ主の方は細かい設定はともかく、金額自体は結構、的を得ているということになりました

これをみて思うことを一言で言えば、

フリーターの収入で一人暮らしというのは、やっぱりしょっぱいなぁ~って感じですね

固定費のみで生活が圧迫されてしまう底辺労働者
フリーターは固定費のみで生活が圧迫されてしまう現実!

私の経験を元に言えば

家賃ももっと抑えるでしょうし(実際私の日雇い派遣時代の時の家賃は23000円でした、それでも収入が低いため、きつかったです)

通信光熱費が25000はもう論外です、あり得ないぐらい高いです

食費20000円は僕的にはかなり頑張っていると思いますが

雑費20000円は厳しいでしょう、高すぎますわ…

そして税金が35000となってますが

そもそも時給800円でフリーターでそうしたフルタイムで働くということ自体が、私の中では選択肢にないです

普通にもっと高時給のバイトを探しますし

時給800円では応募すらしないのが正直な感想ですね!

実際、そこらの工場派遣とか探してみても、派遣なら時給1500円程度の工場とかゴロゴロしていますし、時給800円で働く理由がちょっとわかりません



↑を見て、ちょっと調べてみればわかるかと思いますが

派遣なら時給1800円とか珍しくもなんともないです

事実現在の私がタウンワーク等で仮にアルバイトをせざるを得ない状況になったら

最低でも時給は1200円以上

日雇い派遣で考慮するなら一日働いて交通費とは別途で最低でも10000円は欲しいところですね…

 

 

では今度は期間工の方のリアルの計算をしていこうと思います

 

 

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

この方は、期間工は満了金なしでも40万程度もらえると書いてありますが

冷静に、この人のケースの勤怠をやれば、本当に40万ももらえるのか?計算をしていきたいと思います

まず時給1400円で一日10時間勤務で月に22日勤務すると記載があります

一日10時間勤務ということは、残業時間は一日あたり2時間ということになります

となると、22日勤務で残業時間は44時間ということになります

 

まず日給の計算をしていきます

(1400円×8)=11200円

11200円×22=246400円 これがオール日勤定時の給料

 

残業代

1400円×1,3)×44=80080円  期間工では残業代の割増計算は通常の1,25倍ではなく、大抵1,3倍計算になりますので、今回もその例で計算していきます

44時間というのは、一日あたり残業時間が2時間だからということで

22日出勤と言う計算で44時間となってます

 

さらに休日出勤が2日となってますので

一日あたり8時間勤務と仮定します

(1400円×1,35)×16=30240円 休日出勤手当

 

今回の例だと、夜勤手当の加算方法がわかりませんが

通常の期間工の場合だと、多くの期間工のケースでは

夜勤をするだけで夜勤手当と称し

22時~5時の時間は、時給の深夜割増とは別途でもらえる

夜勤をするだけでもらえる夜勤のシフト手当てみたいなものがもらえるケースが多々あるのですが

(例、日産とかだと、通常の時給の割増に加えて夜勤一回当たり2000円もらえます、いすゞでは深夜の時給割増はないですが、夜勤一回やるだけで5000円ぐらいもらえます)

今回はよくわからないため、通常の夜勤割増のみで計算いたしますと

一日当たりの夜勤手当は

(1400円×0,3)=420円

夜勤は20時~5時であると仮定し計算をすると

420円×6=2520円

これが一日当たりの夜勤手当になり

今回夜勤を10日やると仮定し

2520円×10日で25200円となります

とまあ、これで大まかには出ましたね

 

他、期間工では、皆勤手当てやスバルのように正月手当や夏季手当

また食事手当等、各種手当が会社により色々ありますが

今回はそれらを一切考慮しないで計算しますと

 

日給が246400円+残業代が80080円+休日出勤が30240円+夜勤手当が25200円となり

合計すると381920円となります

手取りで考えたら31万~32万程度かと思われます

寮費光熱費が無料であるとこと、並びに真剣にお金を貯めたいという意思があれば頑張れば毎月20万~25万ぐらいは無理なく貯めれるかと思います

月1万程度しか貯められないフリーターとは次元が全く違いますね!

 

時給1400円で毎日残業を2時間して、休日出勤を2日やって、夜勤を10日やれば

上記のような金額に計算上は普通になるため、今回各種手当を入れてないでも(満了金、皆勤手当て、入社祝い金等ですね)

毎月40万というのは

計算上ではあり得ない数字ではなく、誇張表現では確かにないかと思いますが

実際問題、期間工で毎日2時間残業というのはかなり忙しいと思いますし

一部の期間工以外では、毎日2時間残業というのはあまり考えられないと思います

残業が多いとされている期間工なら、毎日2時間残業は余裕でありますが

通常普通に期間工に行く分なら、まず毎日2時間残業の職場に当たる方がレアかと思います

 

・そもそも時給1400円の期間工ということを考慮する?時給1400円って直接雇用だとかなり高いという事実

期間工に行くにおいて、期間工への行き方というのは

↓直接雇用で期間工に行く!↓

上記のように直接雇用で行くパターン(派遣会社を通しても、最終的に直接雇用となるパターンも含める、アウトソーシングとか通すケースです、これが一番お得ですし、一般的です)

と派遣で行くパターンがありますが



↑派遣で期間工に行くなら見てみろ!

満了金や各種手当の多さというものは

通常では直接雇用の方が圧倒的に多くなり派遣の方が少なくなります

そして時給自体は派遣の方が多くなり直接雇用の方が少なくなります

 

満了金等の手当(入社祝い金、皆勤手当等)

直接雇用の期間工>>>派遣の期間工

 

期間工のベースとなる時給

派遣の期間工>>>直接雇用の期間工

 

大抵上記のようなパターンになるため、これは覚えておいてください

派遣で時給が高くて手当もめちゃくちゃ大きいなんて期間工は

ほぼないのです

よく聞く、入社祝い金のみで64万とか、55万とか言ってるのは

全て直接雇用の期間工になりますので

高額の入社祝い金が欲しいのでしたら直接雇用のパターンでいくことが絶対条件になるのです!

 

そう考えると

時給1400円の期間工というのは

直接雇用の期間工で時給1400円というのはめちゃくちゃ高いレベルになります

 

天下のトヨタの期間工でも、各種手当を一切抜いた状態で、純粋な時給計算をしますと1305円程度になりますし

日産追浜とかにしても純粋な時給は1200円となります

派遣の期間工で考えれば時給1400円はむしろ安いのですが

直接雇用の期間工だと時給1400円は高いのです

事実最強クラスに手当が超絶多い、三菱自動車の期間工も、時給は1060円ですし

マツダ期間工にしたって時給は初めは1000円です

直接雇用の期間工で時給1400円以上で有名どころの期間工と考えれば

アイシンAW期間工の時給1420円が目立つ程度ではないかと思います

 

そこをすべて考慮して考えると

今回時給1400円で残業時間が44時間かつ休日出勤が2日の合計24日勤務で手取りが32万程度だという話をしてますが

通常だと直接雇用の期間工だと時給が1400円より下がることが考慮されるため

同じレベルの勤怠では手取り32万なんてほぼ行かないでしょうし

より稼ごうと思うなら、さらに圧倒的な勤怠をやらざるを得ない状態になるかと思います

それこそ私が過去にやった、毎日3時間残業の12時間勤務デフォルトクラスの勤怠で毎週休日出勤という状態レベルの勤怠をするということになるかと思います

上記の勤怠をした時、私は手取りで47万でしたが

正直地獄以外の何物でもありませんでしたw

この期間工は派遣の超マイナー期間工だったため、直接雇用とはまた違うため

参考に上げるのはどうかと思うのですが…

やっていたときはリアルに工場と寮の往復しかできなかったですし

帰ってきて寝て、またすぐ出勤という感じでしたので、プライベートの時間が一切ない状態でした

帰りにスーパーの半額コーナーに行き、弁当が売れ残っていたら歓喜するのが唯一の楽しみぐらい、他にやる時間がありませんでした

疲れ切ってしまってね‥‥

日曜日は当たり前ですが、夜勤との切り替えのためと日々の激務のため寝ているだけで終わりますw遊ぶ気力なんてありません

1か月だけとかならいざ知れず、これを満了までやれっていうのなら

めちゃくちゃつらいと思います

ましては初めは有給とかもないですしね…

経験上あまりに忙しすぎると

「給料なんてどうでもいいから、時間をくれ!」

という風になりますから

給料は良いに越したことはないですが

勤怠と自分の体調面やストレス等を考慮して均衡保てるようにするのが第一かと私は思います

まあ私の例は、本当に極端な例でありまして

こんな勤怠になることは通常あり得ないのですが

時給1200円とかの期間工で、各種手当を一切除いて

純粋に通常の勤務の給料のみで40万程度のお金を毎月得たいと思うなら

このぐらいの勤怠を毎月やる覚悟が君にはあるのか?

っていう参考の意味でとらえておいてくださいね!

 

で、期間工は現実的に毎月40万もらえるの?

勤怠がかなり忙しいことが最低条件で、なおかつ満了金や各種手当が多い期間工なら

全ての手当を考慮して、契約月を半年として合算して計算すれば

事実上、毎月40万をもらえることは可能ですが(半年で240万以上稼げばよい)

手取りで40万レベルになると、さすがに現在の期間工バブル状態でも厳しいと言えます(半年で290万程度稼がないといけない)

毎月手取り40万コースを狙うのなら

地獄レベルの超絶忙しいレベルの工程に配属され、かつ各種手当が超高額な時期に行けばなんとか達成可能かもしれませんが

まあ現実的ではないですね‥‥

そもそも入社祝い金ブーストも、最初の契約の時しかもらえないことを考慮すると

せいぜい手取り40万をキープできるのは、超がんばって入社して半年間ぐらいではないかと思います

まあそれでも実質手取り30万ぐらいなら、入社して半年以上経過し、祝い金ブーストが切れたとしても十分狙える数字ですので、フリーターとくらべるまでもない次元なのは明白でしょうね‥‥

期間工は神待遇

では長くなりましたが、最後にスレ主のレスに対し、実際に期間工を体験している私がレスを返しつつ終わりたいと思います

大まかにはあってましたが、そこまで神待遇ではないですね…

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

地獄の勤怠を耐えきれば、確かに総支給なら50万は超えます

ただしマジで地獄です

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

半月でもらえるわけないだろうw

これは半年ですね

しかも60万ももらえません

実際トヨタで半年勤務で満了金が60万もらえるのは

2年11か月やった最後の最後でようやく行くか行かないかレベルです

最初の半年ではせいぜい40万程度が関の山です

実際行ってないステマですねw

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

もらえないって言ってんだろw

上の人はおそらくアイシンAW期間工かと思います

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

おっしゃるとおりです、隣の部署とは天と地の差があるとかザラですw

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

これはなりません

その期間工で正社員を目指すとかそういった目的がないと

ただ時間をお金に変えているだけになります

だからこそ、期間工を満了した後にその後の人生を変えるためのきっかけにするために、無駄使いなんてしている場合ではないのです、それがわかってない期間工の方があまりにも多すぎるのが事実です

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

おっしゃるとおりですね

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

頑張ればイケる・・・・

じゃねーよwww

100%無理ですw常識的に考えればわかるでしょうw

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

これは一概には言えません

期間工あがりのライン長とかチームリーダーとかは普通にいます

役職に就ければ、事実上、現場作業自体からは離れることができます

ですが、話を聞く限り、肉体的ではなく精神的に疲れることが多いので

私の知っている期間工上がりの方は、ずっと現場で肉体労働している方が気が楽だと言ってましたね

現場の社員さんにも言えることですが、むしろ上に上がって責任を負いたくないから、本当はレベル的には上に上がれるのだけど、あえて、ずっと現場仕事をしている人はたくさんいます

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

何度も言ってますが、すべて運です

そして工程により、それぞれの人により疲労等の感じ方が全て違うため

全てはやってみないとわかりません(一部の見るからにハズレ工程は除く)

大抵は忙しいので、初めはなれるまでツラいと思いますが慣れてしまえば思考停止でできるようになります、そうなれば余裕です

フリーターと期間工の差がやばすぎる件を解説します

コメント欄からですが

やっぱり、わかっている方はわかっているんですね!

私もこのスレを見たときに、違和感が半端ありませんでしたからね

期間工バブルの現在ではなく2016年時点では100%あり得ないレベルですからねw

しっかりと自分で調べて納得して行かないと

行ってみてこんなはずではなかったということになりますので

しっかりと真実を見定めるというのは大切だということですね!

 

というわけで、フリーターと期間工の差がやばすぎるという記事を書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事は自分なりに、ガチンコで書きましたので

ぜひこの記事を参考にして、フリーターと期間工どちらがいいのか考えてくださいね!

一見するとフリーターも期間工も同じ非正規雇用ですので

同じ穴のムジナなのですが

比べてみると、もはや比べるような次元ではないため

お金を貯めて、人生何かしら行動を起こしたいとか目標を実現させたいとか考えている方にとっては、フリーターなんかやっているのはアホとしか言いようがないというのが私の考えですね!

時間的効率等を考えると、圧倒的に効率が違いすぎますので

同じような非正規で「金がねぇ」とかくすぶっているのなら

さっさと稼いで色々アクション起こした方がいいんじゃないの?って思います

ガチンコで記事を書きましたが、参考にしてもらえたら幸いです

ではまたの記事で!

 

期間工をやりたいなら絶対に最初に見て!超お得!半年間の手当のみで100万以上!手当が厚い期間工ランキング!

タテヤマを見ればわかると思うが、とにかく貯金がしたいなら期間工がおススメだ!満了金や皆勤手当て、入社祝い金そして寮費光熱費無料と貯金をするならまさに最強の環境なのが期間工という働き方なのだ

私は事実、おそらくもう二度とそこらのアルバイトをすることはないでしょう

効率が違いすぎるし、そこらのバイトでチマチマやってるなら、さっさと覚悟を決めて行った方が圧倒的にショートカットできることを知っているからです

自分自身の強靭な意志さえあれば1年間で貯金を300万貯めることだって可能!

現にタテヤマも期間工で13か月で376万以上貯めました!

現在では期間工で貯めたお金を元手にして、家にいながらいろいろ勉強し

転売等を通じて暫定ですが貯金額が430万を超えることが出来ました

 

これも頑張って期間工で貯めた元手があったからこそです

元手があるというのは非常に有利であり

手元に生活に全く困らないお金があるというのが

精神的にも非常に強力な安定剤になります

私が過去に日雇い派遣で苦しんでいたように

バイトで毎月生きているだけで精一杯みたいな状態では精神的に満たされることも100%ありません

まず最底限度の金を貯めて精神を安定させてから、すべてが始まるのです

貯めようと意志があれば絶対にお金が貯まるのが期間工なのです!

すべては自分次第、あなたも期間工で頑張って行動するための…色々とチャレンジするためのタネ銭となる貯金を増やし、まず安心を手にいれてその上で人生を好転させてみないか?

↓寮費光熱費無料たった半年で100万円以上の貯金は当たり前、期間工の応募はこちらから!↓