こんにちは、すっかり冬も終わって春になりましたね

もはや仕事中暑すぎて、ヘルメットが臭すぎるタテヤマです

さて、本日の話はちょうどもうちょっとで4月とのことで新入社員の季節です

そこで何かしら、新しい世界にたくさんの人が挑戦する時期とのことで

当然、4月から期間工ってどんなのだろうな?やってみたいな!って思っている方も少なからずいらっしゃると思いますので

タテヤマが初めて期間工に行った時の心境についてお話いたします

これから期間工に挑戦したいけど、なんか怖いと思っている方にとっては非常に参考になるのではないかと思います

・期間工童貞のころ!!

今では期間工なんて何回も行っていて、どんなものかなんて知りつくしておりますので、怖くもなんともないですが、そんな僕にも当然初めてのころがあったのでその時の心境や精神状態について勝手に語ろうと思います

話は数年前に戻ります、初めての期間工の時のことを書くため、かなり記憶があいまいになってしまっている点もありますが、頑張って思い出して書きます

公務員試験(東京消防庁)に命をかけて挑戦して夢破れて散ってしまったタテヤマは親に無理を言って公務員試験に専念するために家に金を一切払わないで生活させてもらっていたため、公務員試験に落ちてしまった以上、めちゃくちゃ肩身が狭くなってしまったのだ

家にいる以上、絶対にお金を入れなくてはならないが、僕にはお金自体が全くない

また親に甘えて、来年の公務員試験を受けるから、もう一年だけ!

なんて言える状態ではないのは明白だった(無駄に最終面接まで行って落ちているため、親にはものすごい期待をさせてしまったし、それを裏切る形になってしまって非常に申し訳なかった)

とはいえ、せっかく親と仲直りして、これからは心を入れ替えて頑張ると言った以上

また日雇い派遣の生活には絶対に戻りたくはなかったため

日雇い派遣の時に作った借金30万を返す当てと、毎月何も能力がなくてもある程度稼げる仕事はないかと模索していたところ

タウンワークの裏とかにデカデカと乗っているトヨタとかホンダとかいすゞの求人が目に飛び込んできたのだ

ちなみに僕がタウンワークで見るのは、確実に短期・高収入の欄である

他のものは当たり前ですが一切見ません笑、とにかくタウンワークと言ったら短期、高収入しか見ないのです!

で、タウンワークとかで時々、1週間で5万4000円稼げる短期バイトみたいなものとかショットワークスとかの日雇い派遣を今までのタテヤマは良くやっていて、それで日々の生活費を稼いでいたために、そんなトヨタとかの求人は目には何回もしていたが、正直詳しくは見てはいなかった

なぜかというと、とにかく短期でしか働きたくなかったし、即金でお金が欲しかったからだ!

だが、人間まとまった金を稼ぎたいと考えたとき

ふと考えて、日雇い派遣や短期の工場の派遣バイトとかばかりやって数万稼いだところで、またすぐになくなってしまうため拉致が明かないな…と思ったのも事実で

その時にタウンワークで丸々見開きに渡って超デカデカと広告を出しているトヨタの求人をまじまじとしっかりと見てみようと思ったのが、僕の期間工との初めての出会いだったのだ

だって期間工の求人って、短期高収入のところには100%乗っているんだもん、絶対に目に入らざるを得ないわ!

月収30万以上可能!寮費光熱費無料!半年で200万以上稼げる!

ただいま入社お祝い金10万円支給、赴任旅費帰任旅費支給!

鞄一つで赴任可能!

超でっかくこのような美味しすぎる条件が明示してあり

なんだ?この期間工って?うますぎワロタ

って思ったのをよく覚えています

そこから当然のことですが、期間工について調べましたが

当時は今と違って、期間工ブログなんてものはほとんどありませんでした

でも期間工について書かれた2ちゃんとかはたくさんあったため

それでレスをむさぼるように見たのを覚えております

ちなみにどうでもいいですが、このタテヤマブログは実はもとになったブログがあります、それは世紀末期間工伝説というブログです

もはや放置されて数年以上たっている古いブログですし、記事数も全く多くありませんが、このブログがあったからこそタテヤマは期間工ブログをやってみようと思ったのです

世紀末期間工伝説がなければこのタテヤマブログは存在しておりません!

このブログの作者には感謝しかありません!

数年後、新たな若者が期間工に挑戦するときに

その若者にとっての世紀末期間工伝説がこのタテヤマブログでありたい

そんな思いもありタテヤマは期間工ブログを始めたのです

・ネガティブなことしか書いてない期間工!

期間工だけは辞めとけ!

2週間で頭おかしくなって逃げたわ

あれは人間がやるような仕事ではない

奴隷だ!

現代の蟹工船

自動車絶望工場読んでおけ!

カイジの地下帝国と同じだ!

とかそんな類のレスが大量でした…

だけど、そんなレスの中にもところどころ

期間工は辛いけど、金だけは貯まる!

俺は期間工で2年で500万貯めたぞ

期間工で借金を返したぞ

みたいなポジティブなレスも結構あり

タテヤマの期間工の認識は「とにかくキツイがお金だけは貯まるのか…」

と言った認識を持ったのを覚えております

・1週間ぐらい行こうか行かないか葛藤する日々が続きました

トヨタは愛知県です、タテヤマは埼玉県です

そんな全く見知らぬ地に一人で行くのは、はっきり言って初めてだったため

めちゃくちゃ怖かったし不安でいっぱいでした

ただでさえ自動車工場なんてものは初めてでしたし、期間工はとにかくキツイと言ったイメージしか持ってなかったし、何をするのかすらわかりません

そもそも寮費や光熱費が無料と書いておりますが、その寮っていうのも

とんでもないタコ部屋なのではないか?と疑っておりましたし

恐怖しかありませんでした

ちなみに僕の地元から考えたらもっと近い期間工はたくさんありました

ホンダやいすゞやスバルや日産など、わざわざ愛知まで行く必要もありません

でもどうしてその他の期間工ではなくトヨタを選んだかわかりますか?

それはただの先入観からです

期間工と言えばトヨタみたいな先入観が僕の中にあって

最も有名なトヨタに行けば、とりあえず間違いないと思っていたからです

ただそれだけです笑、ただ知らなかっただけなのです

今の知識なら100%日産追浜ですね、仮に行くなら!

・でもそうはいっても金がなすぎてどうしようもなくなる

悩んでいて、お金が生まれるならいいですが、当たり前ですが1円も生まれません、時間だけが過ぎていきます

もうとにかくやってみるしかないと思って、履歴書を書いたのを覚えております

今までの経験からすると意外だったのは、トヨタの面接は電話の応募がいらなかったのが意外でしたね(というかその後のいすゞ自動車も面接のアポがいらなかった…)

タウンワークに面接の場所と時間が指定して書いてあって、連絡は一切不要で、直接その場所にその時間内に行けばいいだけだったのが当時の僕にとっては意外でした

面接の場所にいくと、トヨタ期間従業員面接会場みたいな小さな看板がある部屋があり、そこで面接をしました

おじさんが1人いて、そのときは幸か不幸か僕しかいませんでした

面接は天下のトヨタで給料月30万とかくれるんだから、さぞ厳しいのだろうと心していきましたが、全くそんなことはなく、ただの雑談みたいな話をして、給料の話とか手を開いてグーパーしたりしてたら終わりました

志望動機も確かお金が欲しかったからって言ったのを覚えてます

でもそこでも「仕事は楽ではないけど、大丈夫?」とおじさんに言われたため

「大丈夫です、頑張ります」

と言ってはいましたが、不安はぬぐい切れませんでした

何パターンか「入社日はいつがいいの?」みたいな候補を上げられて2週間後ぐらいにしたのを覚えてます

・トヨタから合格通知と寮のしおりみたいなものが届く

3日ぐらいたったら、トヨタから手紙が来てました

いわゆる入寮のしおりですね

ついに始まるのか?という思いと

無駄に2週間も時間があったため、ひたすらキャンセルの電話をするか?

それとも覚悟を決めていくのか?バックレようか?というのをこの段階でも迷っていたのを覚えております

ひたすら2ちゃんの期間工スレを見てました笑

そして世紀末期間工伝説を見て必死に心を落ち着けていたのを覚えております笑

 

恐怖で仕方がありませんでした、親は笑ってましたけどね笑

・そしてついに当日を迎えます

その日は日曜日でした、埼玉から愛知まで行くので朝の6時起きたのを覚えております、入寮の時間は確か昼過ぎぐらいだったため15時ぐらいだったかな?

2ちゃんの情報によると、新幹線で行っても夜行バスで行っても

トヨタは交通費を多めにくれると言っていたため、タテヤマは通常の電車で行ったのを覚えております(アホ)

新幹線代金をけちって数千円浮かそうとしたのです

7時間ぐらいかけてついたのを覚えています、座りすぎて尻が痛かったです

各駅電車でゆっくりと進んでいくとき思っていたことは

楽しかったニート時代のこと、そして公務員試験をなぜ失敗してしまったのか?ということと、期間工がどれほどきついかわからないが、とにかく頑張ってなんとか1か月は頑張ろうと思っていました、無理だったら帰って、稼いだお金を全額、親に渡して土手座でもして許してもらおうと考えていました

期間工同期がバックレ

・そして到着してしまった…

もう逃げられない、なんかバスが待ってるし( ^ω^)・・逝くか…

バスに乗って、なんか変な一時的な受け入れの寮みたいなところにつきました

健康診断を数日に分けてやったのを覚えてます

大量に奴隷が集められていたのを覚えております

そんな中、2ちゃんでも噂になってた田原工場という

トヨタの期間工で最も地獄であると噂されていた話を

周りの奴隷たちもひそひそ話しておりました

タテヤマが仲良くなった数人のグループも、当たり前ですが全員田原工場だけは嫌だという話をしておりました

で健康診断を終えて、配属先の工場が発表されるとき、確か3日目?だったかな

2ちゃんの話によると、ほとんどが田原工場ということだったのでタテヤマも覚悟してましたが、運よく僕は田原工場を避けることができ、上郷工場に配属になりました

仲良かったグループの中に田原工場の配属のおじさんがいて

その人をみんながいじっていたのを覚えています笑

あのおじさん元気だろうか?

そして寮の移動が始まり、仲良くなった人(もう名前も覚えてないが笑)

全員で検討を祈る!、絶対に生き残ろうと誓いを立てて、ドラゴンボールとなって散っていったわけだ!

いや~今思い出しても、当時は本当に怖かったです

タテヤマは今思い出すと、かなり運が良かったのかな?

期間工はすべて配属も工程も人も運である以上

運よく、よい職場の人に恵まれ、初めての期間工で勝手が全く分からなかったのですが、それでもなんとか満了することができたのですから

ただ、あまりに今までの給料とのギャップがあったため、めちゃくちゃ散財していて全く貯金なんてしてませんでしたが

まあそこは当時のことを思い出すと、慣れない環境、全く知らない仕事や土地、ストレス等考えたらしょうがなかったのかもしれませんね

貯金をする根本の理由

・数年たってみて初めて期間工に行った時の事を思い出してみて、今だから言えること

やっぱり初めは怖いですわ、それは間違いないですが、それでもやっぱりなんだかんだ言っても挑戦するしか新しい道は開けないんですよね( ^ω^)・・・

あの時、期間工に行ってみようと思って葛藤しながらも挑戦してみたから、今の僕があるわけであって、あの時、期間工に行ってなかったら、全く別の生き方もあったのかもしれません

ひょっとしたら、期間工という道を知らなかったから、今の人生はより好転していたのかもしれませんし、さらに底辺のどん底まで落ちているのかもわかりません

もしくはあの時、公務員試験にもう一年ガチで取り組んでいれば

今頃の僕は消防士として東京消防庁でバリバリとやっていたのかもしれません

どんな人生になっていたのかは、その場その場の自分自身が選んだ選択肢で変わっていってしまいますが

とにかく確実に言えることは、

何事も行動しない限り、新たな選択肢すら生まれることはない!!

ということだけは間違いないと、はっきり言いきれますね!

これから期間工をやってみたいと思っている人には参考になるかはわかりませんが、当時の僕の気持ちや精神状態を思い出して頑張って書いてみました

この記事やこのタテヤマブログの一つ一つの記事が

あなたにとっての世紀末期間工伝説になったら幸いです

寮費光熱費無料!給料以外に手当数十万以上!

誰でも頑張れば半年で150万以上の貯金が可能!

タテヤマも1年で320万以上貯めることができました

とにかく貯金がしたいなら期間工を僕はおススメします

短期的に爆発的に貯金を増やせますよ

とくに底辺から抜け出したい、這い上がりたいと思っている人に全力でおススメいたします

↑応募はこちらから!↑