目次

どうも12ヶ月で底辺から貯金320万にしたタテヤマです^^

期間工 残業 死にたい

最近プライベートで出来た、期間工とは全く関係のない

私の友人が、現在勤めている会社をやめたいと言ってきました

その友人を仮名としてA君(20代後半)といいますが

A君は18歳からその会社で正社員でやっていて今年で10年目になるそうなのですが給料が毎月手取りで17万だとぼやいていました

それも完全な平という立場ではなく、一応主任という役職を与えられているみたいなのです

他人の懐事情を聞くのは正直どうかと思うのですが、自分と同年代位の男性がどのぐらい貯めているのか?というのは現在期間工ブログで貯金をやっている自分としては、ぶっちゃけ気になってしまうため勇気を出して聞いてみました

その結果…今のタテヤマだからこんな風な考えを思ってしまうかもしれませんが…

タテヤマ「ところでA君、10年もやっていたとしたらそれこそ貯金だってめちゃくちゃできているのでは無いの?」

と聞いたところ

A君「いやそんな事はまったくないよ、50万ぐらいしか貯まってないよ貯金なんて全然出来ないわ、生活だけでかなり精一杯」

と言っておりました

11ヶ月で300万を越えた自分として

「マジで?」としか言いようがありませんでした

タテヤマが7ヶ月で200万貯めた例の動画を見せてあげたところ

タテヤマが動画を出しているということにも驚いていましたが笑

7ヶ月で200万貯めることが出来るという期間工という働き方に非常におどろいていたのが印象的でした

A君が更に言っていたのが、自分の直属の上司の給料(上司30代後半)をたまたま見てしまい、自分と数万ぐらいしか違っていなかったので、非常にショックを受けてしまったと言っておりました

なんでも今後の自分の未来が見えてしまい、仮に後10年頑張ったとしても、こんなものしか昇給が無いのか?という現実を知ってしまい本当にこの会社にこのまま勤めていてもいいのだろうか?と自問自答している日々だと!

タテヤマ自身も、期間工という世間的な常識で考えたら底辺な立場な人間なのですが、現在進行系で本気で期間工を満了した後にどこでもいいから底辺正社員で頑張るのか?それともこのまま期間工をちょこちょこやっていき、貯金を確実に増やしていき投資をするチャンスをひたすら待つのか、はたまたこの際、何かしら自分自身でやってみるのか?ということで板挟みで心境が非常に迷っているため

A君の話はめちゃくちゃ共感が持てましたし、とてもじゃないですが他人事の話でもなんでも無いと思えてしまうのです

A君は現在、会社にはまだ退職の意思を伝えてはいないようですが、就職活動自体はちょこちょこやっているみたいで、1週間に1回ぐらいのペースで面接等をやっているみたいなのですが、給料自体ははっきり言って、どこも似たようなところしかなくて絶望していると言っておりました

「それなら期間工はどうよ?」ってA君に勧めたのですが、なんとも微妙な反応… やっぱり正社員でないと…みたいな態度でした(でもA君、たいして昇給もないしボーナスもほぼないでしょ・・・?ゴホンゴホン)



それとA君は工場勤務なのですが、やっぱり10年間の経験があると言っても工場での勤務経験ですので、今更別業種に転職するのが怖いとも言っておりました

収入を上げるためには、その業界で圧倒的な経験を持っている人や圧倒的な資格があったりしたりまたはヘッドハンティング等される以外では結構難しく

それ以外に収入を上げるためには、全く別の業種に挑戦していくしか無いのですが、やっぱり人間は新しい環境に飛び込んでいくのに恐怖を感じてしまうのでしょう

基本的には今まで自分が経験した業種間での転職というのがどうしても当たり前になってしまうだと考えられます

つまり製造業は転職したとしても結局は製造業

運送業なら運送業、小売は小売

営業職なら営業職というのが基本的な流れになってしまうように感じます

まあそれでも、製造業というのは比較的特殊な経験等が求められないのも影響しているのでしょう、タテヤマが今まで期間工で見てきた中には営業職から製造業というのは結構聞きますが、

その逆である、つまり…

製造業から営業職というのはほとんど聞いた事がありません

こういったところからも、自分が経験した職種以外にはなかなか転職で新しく挑戦してみようとする事は難しいのだろうな…ということが想像には難くないのでしょう

別に他業種であっても経験が求められない求人広告もたくさんあることはあるので、挑戦すること自体は出来る事はできるのでしょうが、それでもやっぱり難しいのだろうと思います

さて長すぎる前置きになりましたが、ようやく本題に入ろうと思います

今日はたとえ正社員であったとしてもブラック企業底辺薄給正社員である必要はあるのかどうか?ということについて僕の考えを語っていこうと思うのですが

今タテヤマがやっている期間工の会社にも他企業から応援に来ている正社員の方がいるのですが、その人と年齢が近いこともあり休憩時間に結構話すのですが

給料の話しになって、その給料があまりにも安すぎてびっくりしたのです

仕事自体は工程自体が違うため、同じでは無いですが、期間工みたいな仕事には変わりないため、ぶっちゃけかなり似たようなものなのですが

全く同じような仕事をしておきながら、タテヤマと普通に毎月の給料自体が手取りで5万~10万以上ぐらい余裕で違うのです

当然タテヤマの方が上なのですが、そのことをその人と話しても

「それでも自分は今の企業で正社員でやっていたほうがいい」

と言っており、本当にそれが正解なのか?ということがわからなくなっています

(絶対お前それブラックだぞ!!都合よく利用されてるよ間違いなく!)

期間工の年収自体は400万程度だと思うのですが、寮費光熱費無料等の福利厚生等に助けられる部分が多いため、実際はおそらく賞味的には年収500万位だと思います

それに引き換え、底辺正社員なんて年収300万ちょっとあれば良い方で下手したら年収250万…更にそれ以下だって余裕であり得るため

そういった厳しい条件下であったとしても、それでも正社員になることが正しいのか?と思わざるを得ないのです

正社員=安定  派遣、契約=負け組

みたいな思考が皆の考えの魂胆にこびりついているような気がしてならないのです

頭おかしいだろwありがとうでは腹は膨れん!そんな綺麗ごとはいいからさっさと「感動」できるだけの金よこせや!

言っておきますが、現在の世の中は年功序列や終身雇用なんてものは

超大企業か公務員以外はすでに崩壊しているというのは皆さんご存知の通りだと思いますが、それでもまだまだ正社員=安定しているという神話が根強いのだなと思います

今の僕の考え的には正社員が絶対的な安定だと思っているなんて、はっきり言って大間違いだと思います

一部の大企業や公務員は当たり前ですが別ですよ笑

ここでの話はそれ以外です

これからの世の中はガンガン税金も上がり、ますます実力社会になることは必死です、ということは会社も生き残りをかけて切磋琢磨して行かなくてはならないわけで、会社自体も無駄なところはガンガン排除していくような形になると思います

そんな時にまずどこを削減していくのか?と考えたらこれはもう人件費の削減にほかならないため、これから未来になればなるほど、ますます自分達の生活は厳しくなることは確定事項だと思います

日本人はおとなしい生き物であるため

絶対にほぼほぼ暴動やストライキみたいなことを起こしませんですからね!

皆さん、税金がどれだけ高くなろうが、結局は受け身です!!

今現在だって格差社会が非常に広がり、貯金なしの世帯だってなんと4割もいるみたいですし、貯蓄額の中央値と平均値の違いをみても、そのあまりの差に閉口せざるを得ません! タテヤマのように26,27歳で貯金が320万あるだけで、貯金額だけで同年代の上位3割には確実に入ってしまうぐらい格差が圧倒的に広がっているのです!(おいおい、たった1年期間工で本気で貯金しただけだぞ!)

つまり会社に依存して入れば、絶対的に生活が安定して、毎月必ず給料をもらえて~みたいな感じは絶対に長くは続かないのだろうと予想が出来ます

つーか絶対破綻しますね!

会社に入って、頑張ればいつか必ず報われる!

みたいな思想は今の時代には一部の人以外全く当てはまらないと僕は思います

・手取りが10万違っても、昇給がほぼ期待できなくても底辺薄給正社員の方がいいの?

現在社会は資本主義なので、お金が全てというのは皆さん脳内の奥底でははっきりとわかっていると思います

お金が全てじゃないと言っているのは、絶対的に単なる綺麗事であって、これはもうなんだかんだ言っても間違いなくお金が全てであるというのは過言では無いでしょう!

だって、聞きますけど、今皆さんの口座に預金が仮に3億あったとしたら、働きますか?と聞いたら90%の方は働かないと思いますからね!

仮にタテヤマが今3億持ってたら、その中の「たった1億」をみずほ銀行の株に変えて配当金だけで年間375万得て(税金払っても300万は残る)

悠々自適で引きこもってますが何か? 全く指一本動かさなくても年収375万ですが何か?

毎月うんこしてるだけで手取り25万以上ですが何か?

3億全部ぶち込めば、手取り75万ですが何か?(実際はリスク管理をしなくてはならないので分散するためせいぜい1億が限界かと思いますが…)

それにそんな金があったら、絶対に引きこもらずに、遊びながら自分でビジネス起こして間違いなく社長になりますね!

そのぐらいお金の有無が占める割合というのは大きいため

金が全てである!というのは疑いようの無い事実です

資本があるということはそれだけで圧倒的に有利になるのですから!

タテヤマは少なくてもこの考えが大きいため

全く同じ仕事をしていて、手取りが10万違っていて

非正規が10万多くて、正規が10万少ないのだったら

非正規で一向にかまわないと思っています!

「非正規は安定してないだろカス!」って思う人いるでしょうが

そもそも今は時代は大企業or公務員以外、90%以上は安定すらしてないのです

むしろ金がないこと自体が、リスクだとすら思っております

資本主義の世の中において、お金は命であり、チャンスです

「底辺から這い上がる」という命題がタテヤマの人生の大前提にある以上

非正規だろうが正規だろうが、多くもらえるほうが正しいという考えで僕はいるため、非正規だろうが正規だろうが全く関係ないと言うのが僕の気持ちです

まあ仮に僕が給料がものすごくよくて安定しているようなホワイト企業にうまく入ることが出来るという奇跡が起これば、そりゃ言うまでもなく正規の方が上に決まってますよ笑

でも僕みたいな、こんなゴミスペック人間をホワイト企業が受け入れてくれるなんて奇跡は、現在の世の中では99%無いということは皆わかっているでしょうから、結局は待遇が悪くても、妥協して耐えるしか無いというのが現実なのです

とどのつまり、お金が全てであるというこの資本主義社会において

言い方を変えれば、正規、非正規等の手段を問わずに出来る限り多くの金を得ることができ、逃げ切ることができれば、全く問題ないということになりますがね笑

 

だって仮に底辺正社員とかによくある、毎月手取り15万未満で、期間工とは違って家賃光熱費無料等ですらないような環境でお金を貯める事が出来るのか?って考えてみたら、わかりませんか?

せいぜい月5万貯金できれば、かなりやってやった感がありますよね?

ブラック企業みたいな底辺薄給正社員でも正社員だから!みたいな感じでしがみついている人がたくさんいますが

言い方を変えれば、ギリギリの給料で飼い殺しにされているのと全く同義だと僕は思います

給料のはっきりした意味って言うのは僕が思うに

「明日も皆頑張って、会社に問題なく出勤して、会社に利益を与えるために頑張ってね!そのために最低限の分、君の生活に必要なものだけはこっちで負担するようにお金を払うから、このお金で頼むから、毎日毎日馬車馬のように働いてね、頼むよ!」

というものだと思っています

その給料自体が圧倒的に超余裕で生活できて、なおかつ毎月余裕で15万とか貯金ができる環境下にあれば言うことは全く無いのですが

ブラック企業みたいな底辺薄給正社員なんてものは、それこそ、ギリギリ生活出来る本当に最低ラインみたいなもの位の給料しかもらえてないことでしょうし

ぶっちゃけ体の良い正社員という肩書だけに踊らされているだけにしか僕はどうしても思えないのです

正直名ばかりですね‥正社員だから~、安定しているから~といった幻想の…

思い返せば、今回の期間工に来た理由だって、もともとは前回の期間工を満了した後に無職の時に就活して、自分自身が行動した結果、底辺職と言われている期間工と比べても、自分が応募できる環境の求人があまりの劣悪な求人広告や、釣り求人や、待遇が悪すぎて、どうしても我慢ならなくなり萎えたために期間工をもう一度やって、とりあえず更にお金を貯めようと思ったのが動機でしたからね

真実は何が正解なのか?

僕自身はもうわかりませんが、少なくても僕は

ブラック企業もどきな底辺薄給正社員で飼い殺しにされるよりかは圧倒的に期間工でとりあえずお金をひたすら貯めるという環境にいたほうが正解なのでは無いかと現時点では思えてしょうがないのです

少なくても仮にブラック企業の薄給底辺正社員であったとしても、それでも正社員が絶対に正しい!という皆が陥り安い考えは間違っていると思います

大企業や公務員の方には全く当てはまりませんが、世の中の9割は中小や零細と言われている企業に勤めていると聞いております

きっと大部分の人には思うことがある記事が書けたのでは無いかと自負しております!

僕の考えを述べさせていただきました、皆さんはどう思ったのでしょうか?

みてくれてありがとうございます

期間工は、あくまでも非正規な働き方なので万人にオススメ出来る働き方ではありません

それでも寮費光熱費無料や豊富な手当なため、誰でもやることが出来る職種としては、ほぼ最強クラスに貯金が出来るというのは間違いのない事実です

半年でも頑張れば誰でも150万の貯金は可能!1年やれば貯金300万も夢でもなんでもないです、実際タテヤマも達成できておりますから! 僕は320万貯めたぜ!

まとまった貯金というのは人生を変えるという意味でも絶対的に必要なものであり、それがあることによって見えてくる世界というものがあります

とにかく期間をしっかりと区切って、一気に貯金をして、自分の人生を変えてみたいと思いませんか? そういった考えを持つ人にタテヤマは期間工を全力でオススメいたします、底辺正社員をやって安い給料でこき使われるよりかは、絶対に良いと僕は思っています!

↓期間工の応募はこちらから!↓