お疲れ様ですタテヤマです

本日も仕事を終え、とうとう期間工でいるのも後1日となりました

 

同じ期間工の方や社員の方にも

「ついに後1日だな」って言われるようになり

なんか、最初あんなに冷たかったのに

終りが近いからか、妙に優しくなってきて

ぶっちゃけ、なんか辞めてよかったのだろうか?と思う自分がいます

 

正直、最近居心地がよくなってきていたんですよね…

 

これは僕がもう辞めるから、優しくしておいてやろうという慈悲なのか

それとも、単純に僕という存在がそこにいることに対し慣れてきただけなのか

真意の方はわかりませんが

それでもやっぱり半年間、必死になって頑張ってきたのです

最後となると感慨深い思いになりますね…

 

さて今日の記事は

 

「期間工を満了したときの最後の別れの挨拶」についてです

 

期間工をバックレるとか、途中で逃げるとかではなく

ちゃんと満了したときは

かなりの確率で最後の日に

職場の朝礼みたいなもので

最後の挨拶をすることになります

 

これは今僕がやっている期間工でもそうです

 

僕の部署は、期間工の配属が多いので

毎月毎月、誰かが満了し、刑期を終えて去っていきます

その時必ず最後の挨拶をするのです

 

こう話しておりますが

別に最後の挨拶をするのは今やっている期間工だけではありません

 

期間工であっても工場派遣であっても

僕がやってきたところは全て

期間満了等の円満退社であったら

最後の日には必ず最後の挨拶をしていました

 

つまり多くの場合、最終日には

別れの挨拶をせざるを得なくなります

 

正直、申し上げまして

話すことが無いと言うのが

正直なところではないでしょうか?

 

タテヤマもまさにそうです

 

ぶっちゃけ話すことないですw

それはお世話になった期間工の方や社員さんの方は

いますよ

 

でも、全く話したことがない期間工の人や

社員さんのほうが圧倒的に多いのです

 

僕の部署なんて人数が多いから

話すどころか正直名前すら知らない人とか結構います

半年間以上いると言うのに!

 

そういった方達を前にして

何か喋らなくてはならないというのは正直厳しいです

 

「お世話になった人には個人的に挨拶をしにいくから

それでいいじゃん

何もこんな皆の前で挨拶なんてしなくても!」

 

これが僕の本音であり、皆の本音であると思いますが

 

おそらく逃げられないので

挨拶をせざるを得ません

 

同僚に相談しても

「そんなの適当に言っておけばいいんだよ」って言われておりますが

適当にってことは

「短い間でしたがお世話になりました、ありがとうございました」

みたいな感じだけでいいのか?って思っています

 

いや…、最後だから、もうちょっと何かスパイス的なものを

加えて、せめて30秒以上はしゃべらないとなんか格好がつかないと

思うのは僕だけでしょうか?

 

前やっていた期間工での最後の挨拶は

僕はなんだかんだ1分ぐらいは喋っていたような気がします

上記の例ではわずか10秒ですw

果たしてこんなんでいいのか?難しいところですわ

 

今まで期間満了で辞めていった人の中には

わざわざ手紙を書いてきてそれを朗読する人や

すごい人なんて

「ありがとうございました」だけの人もいましたが

その人は職場でも結構人気があり

「えっ?終わりかよ?」みたいな

ツッコミとかが結構あって、ワイワイしておりましたが

 

タテヤマはぶっちゃけ人気者ではなく

どちらかと言うと、日陰者サイドですので

そんな空気になるとは思えません!

 

その人の職場でのキャラクターやノリなどに大きく左右されると思いますので

そんなキャラクターではなかった僕だから

何かしら少しは考えていく必要があります!

 

まあ土日を挟むことですし

ちょっとは対策を練っておきます

せめて最低でも30秒以上は喋って

最後ぐらいはきちんと締めくくりたいですね!

では、またの記事でタテヤマでした



↑期間工の応募はこちらから、美味しい案件たくさんでお金が貯まります!↑